FC2ブログ
最新記事
コメントありがとう!
来園者数
プロフィール

HAL

Author:HAL
北海道の道東で車やバイクに乗って遊んでるオッサンの日記的ブログです。年中無休で働きつつも頑張って遊んでます。ブログのデザインはしょっちゅう変えます。運営方針

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反ミニマリスト

どこのお宅もそうでしょうが、受験を控えた我が家は週末の休日はその対策にあてがわれております。


そのための今年度初頭での日本一周であり、後半につれ「走るチャンスは激減するだろうな~」と予想しておりました。というわけでツーリングのお誘いも断わらざる負えなく、というかXRのバッテリー死んでました(爆)

まぁ、来シーズンには晴れて林道へ繰り出す予定として、最近は自宅で短い空き時間にコツコツと自転車小屋的な増築なんぞやっとりまして、先日やっと屋根までこぎつけました。



車庫建設当初に比べると、大工道具やタイヤなどが増え、結構手狭になっていたので出かける事が出来ないのは良い機会と捉えて建設に踏み切りました。とはいえ、適当に作ったら強度がスカスカだったのでもっと補強しなきゃならないのですが。冬季バイク格納庫か焼肉小屋にするのも良いし、将来的にではありますがカヌー格納庫なんかにも流用できそうです。


未だ物欲が仕事&生きるモチベになってる俗な自分にとって断捨離はもう少し先の話ですね。
スポンサーサイト

ゴールデンカムイスタンプラリー⑥

夜が明けたので開館前の【夕張市石炭博物館】に向かいます。




博物館は丘の上のタワーがある位置ですがQRコードは駐車場横の建物(ゆうばり化石のいろいろ展示館?)に貼ってありました。深夜に炭鉱跡をココまで歩いてくる度胸は俺には無いぞ!(^_^;)

N629-2.jpg


夕張から平取へ。

スタンプラリーでもやってなければ通らないルートで新鮮でした。道東より紅葉は少し遅い感じで、コレから見ごろを迎えそう。

N629-7.jpg


無事に【平取町二風谷アイヌ文化博物館】にて最後のQRコードをGET!!!!

N629-3.jpg


「これで帰れる~」と思ったら小さな用紙を発見。何やらこの近辺の施設だけで別の”ゴールデカムイスタンプラリー”を開催中との事。当然、やって帰ります。


幸い、歩いて回れる距離なのでサクサクと集めます。キャラクターのパネルも全種類飾ってあったので本家?との差別化はされてるようですね。施設も見学できるところは見て回りました。

N629-4.jpg


某施設にて最後のスタンプと記念品をGET。内容は実施した人のお楽しみとしておきます。

N629-5.jpg



最後の施設ではアイヌ衣装を着て記念撮影が出来ました。これは男性用で女性用がアシリィパと同じだったかは確認しませんでした。写真撮ってくれた青年には「めっちゃ(アイヌっぽい)雰囲気ありますね」と評価されました(爆)

N629-6.jpg


本来、このスタンプラリーは各施設の集客のためなんでしょうが、今回は時間の都合もあり偉大なラリーストに習って可能な限り短時間で周ろうと考えました(笑)。

N629-8.jpg



9か所、800kmを26時間くらいで周ったでしょうか。

あ~疲れた。

おしまい。

ゴールデンカムイスタンプラリー⑤

西崎山環状列石を見ていた時点で午後3時

次の目的地である【北海道博物館&北海道開拓の村】の閉園に間に合うだろうか? と心配だったけど野幌森林公園の入場ゲートを通ったのが4時58分(^_^;) 

急いで【北海道博物館】入口のコードGET




続いて隣の【北海道開拓の村】にて土方もGET!

N628-2.jpg



慌てて公園を出るとゲートの入り口側は閉まってました。

危なかった~(;´・ω・)



再び中心部まで戻って【サッポロビール園】でコードGET。

ここは22時まで営業しているので後回しにしてました。

N628-3.jpg

QRコードはビール園に入ってスグの壁にひっそりと貼ってたのでビール博物館が休館しててもビール園自体が営業してたらGETできるのかもしれません。


一日で7か所+αを周って少々疲れたのでご褒美にジンギスカンを。

山に煽られつつを食う(笑)

ノンアルコールで寂しかったけど、美味かった~♪

N628-4.jpg



食後に夕張まで走って適当な空き地で車中泊しました。

つづく

ゴールデンカムイスタンプラリー④

小樽市総合博物館にてスタンプをGETしてラリーは一時中断。

博物館へは入場せずに隣接されている【手宮洞窟保存舘】を見学しました。




博物館との共通券もあるんですが、時間的に無理なのでココだけ見ていきます。入場料100円なり。

N627-2.jpg


ドアを開けると薄暗い室内があり、ガラス越しに縄文時代の壁画が見ることができます。

N627-4.jpg



同じような場所をトリミング&加工してみましたがわかりますか?

N627-5.jpg

N627-6.jpg


刻まれているのは主に「角のある人」と言われているようですが、その他にも動物・お面や杖を持った人など、当時の儀式か何かを表したものなのでしょうか・・・(遠い目)。主な展示物はコレだけですが100円なので文句はありません。施設は老朽化が目立ちましたが。



続いて、さらに古代ロマンへ思いを馳せます。


ココから近い余市町にも似たような洞窟があるようなので行ってみました。

【フゴッペ洞窟】 入館料 300円

N627-7.jpg


残念ながら館内は撮影禁止でしたので入口前にあったプリントでお楽しみください(爆)ここは「羽の生えた人」的な彫刻が特徴でした。施設は真新しく手宮洞窟よりは迫力がある洞窟でしたがガラスから壁まで距離があるので低倍率の双眼鏡があると見やすいかもしれません。

N627-8.jpg


ついでに近くの【西崎山環状列石】も見て縄文トリップは終了(笑)。

N627-9.jpg

スタンプラリーを再開します。

ゴールデンカムイスタンプラリー③

なかなか自由時間がとれないうちにバイクシーズン終了っぽい・・・(´;ω;`)


道路が凍結する前に~ってな事で、平日休みを使ってスタンプラリーの続きを周って来ました。いちおう今後に周る人のためにポスター位置なんかの情報も出来るかぎり載せときます。




もうすっかり秋どころか大雪の山々は白くなってましたよ。




仕事を終えた夜に可能な限り旭川方面まで移動し、車中泊。



8:46 旭川市博物館

博物館が入っている施設は8:30オープンなので博物館自体は開館していないけどスタンプのみ早朝GETできました。その後、朝ラーしようかと数十分待ってたのに、お目当ての店が定休日だと気付く・・・。

N626-2.jpg



11:08 月形樺戸博物館

元樺戸監獄の事務所だったそうで、館内を見たかったんですが旭川で時間をロスしてしまったので次の目的地へ。

N626-3.jpg

ちなみに、樺戸博物館のQRコードは風除室内だったけど、裏にある農業研修館の入り口にもポスターが貼ってあったので24時間QRコードはGET出来そう。

N626-4b.jpg



小樽へ向かう途中、当別にて『かばと製麺所』の看板が目に入る。

N626-5.jpg


事前情報何も無しだったけど”うどん”の匂いがプンプンするのでハンドルを切る(笑)。

案の定、極太のうどん屋でした。一見、さぬきっぽいツルシコの麺だけど甘じょっぱいツユなので別物だと思います。でも、平日なのに途切れることなく客が訪れてて常に満員状態なほど美味しいうどん屋でした。

N626-6.jpg



13:04 小樽市総合博物館運河館

入口にQRコードあり。 閉館後でもコードGET出来そうだけど・・・不明。

N626-4.jpg



13:18 小樽市総合博物館

ここも入り口にQRコードあり。外から認識できるけど、恐らく手前のゲートはプラスチックチェーンで封鎖されると思うので時間外は無理だと思われます。

N626-7.jpg


というか、スタンプ同じじゃねえか!

う~ん、コンプリートの条件が、どちらか一方で良いのか解らないので一応ゲット。


まぁ、ここに隣設されている施設に用があるので来るのは確定だったのですが・・・

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。