FC2ブログ
twitter
最新記事
コメントありがとう!
書いてるヤツ

HAL

Author:HAL
北海道の釧路あたりで車やバイクに乗って遊んでるオッサンの日記的なものです。お手柔らかにお願いします。運営方針

来園者数
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ

果てを求めて その1

消えるはずだった連休が急に取得できる事になったのでチョイ旅へ行ってきました。

テーマは【果て】。

この世の果てっぽい所や、成れの果て(いわゆる廃墟)を巡ろうというカンジ。まぁ、自分の見たいものをピックアップしたらそういうジャンルになっただけなんだけどね。


向かったのは根室半島。

まずは別海で【奥行臼駅跡地】などを見学。

ここは廃止された奥行臼駅、村営軌道、旧奥行駅遁という史跡が集中している場所。今は街の面影も無いけど、これだけ史跡が集約しているこの場所はかつては相当栄えたんだと思わせる。

N657-7.jpg

N659-3.jpg

駅遁内部 (開拓時代に人馬継立・宿泊・貨物の運送・郵便取り扱いなどを賄った場所)

N657-6.jpg

村営軌道、主に牛乳を駅まで運んだらしい

N657-10.jpg




そして風連湖の砂嘴の先端へ。

予想通り、最低限のダート路があるだけの最果て感満載の場所だった。

N659-2.jpg

N659-14.jpg

N659-13.jpg



その後も、【果て】を求めてブラブラと。

N659-15.jpg

N659-6.jpg

N659-16.jpg



納沙布岬にある最果てのライダーハウス鈴木にて宿泊。

わざわざ釧路から根室に泊りがけで来るなんて滅茶苦茶驚かれた(笑)

N659-12.jpg

ミステリードライブ

6月に入り激しい体調不良に見舞われてました。

おそらく疲労蓄積(遊び疲れ)だと思われたので、しばらくバイクもネットもお休み。

しかし、天気の良い休日に家でゴロゴロしているのもナンなので、好きなラジオでも聞きながらドライブに行ってきました。




もちろん普通のドライブじゃなく、目的地は某所の森。

毎度ながらの衛星写真をしらみつぶしに眺めていたら発見した【100の文字】

ナニコレ珍百景?(笑)




という事で現地へ足を運びました。

森の入り口には何の標識も無し。

突入を試みるも悪路で断念。



しかし、こんな事もあろうかと、持ってきてたドローンを飛ばしたぞ!

N657-1.jpg


制限手前の120mまで上げても斜めから見るのが精いっぱい(解るかな?)
数字の上まで飛ばすと何が何だかわかりません(^_^;)

輪郭はこんな感じ↓

N657-3.jpg


これは飛行機や宇宙から見るべき、まさに地上絵だね。


想像すると何かの記念とか記録っぽい。
ネットで調べても全く情報はヒットしないし、地元の図書館でも記念誌的なものをざっと読んだけど情報は無かったです。
さすがに近所の農家や役場とかで聞けば情報はありそうだけど。


しかし、マジで珍百景に出てきてもよさそうだよね。

ポツンと一軒家とかも人気だから、そのうちTVにでるかも?(笑)

道南ツー 牛歩帰宅

あとは帰るのみ。

せっかく函館に泊まったのだから朝市に行く。
一度は来てみたかったんだよね。




有名なイカ釣りの水槽にイカが泳いでた。
可愛い(笑)

N656-2.jpg


早朝すぎてほとんどの店が開店準備段階だったけど、どんぶり横丁の数件が開店したので真っ先に【たびじ】に入って“活いか踊り丼”を注文。

イカ刺しは透明で、中央の頭は色素が波打ってる!
さらに醤油をかけるとウネウネと動く(^_^;)

N656-3.jpg

サクッと美味しくいただきました。



朝市を出ると雨が降り始めた。
覚悟を決め、自宅に向けて走り出す。

しかし、雨雲が西から東へゆっくりと流れているせいで、少し走っては雨雲に突入→休憩して止むのを待つ・・・の繰り返しでなかなか進まない。
昨日の無理が堪えているので強行突破する気にもならない。


長万部のハッピーディアーズ(菓子屋)で雨宿り。
去年の日本一周からの帰宅時もここで雨宿りした記憶が(笑)
今回はたっぷりと買い込んで自宅に発送させてもらった。

N656-4.jpg


その後も進んでは雨宿り、進んでは温泉入ったりと、登別まで進んだところで宿泊。

新ご当地グルメの【登別焼きそば】を頂く。
アジアン風の焼きそばで美味しかった。

N656-6.jpg



翌日も『進んでは雨宿り』の繰り返しだった。

前方の雨雲を追いかけながらの帰宅。

疲れたきった身体には丁度良かったのかもしれない。

N656-7.jpg

さて、次は何所へ行けるかな?