最新記事
コメントありがとう!
来園者数
プロフィール

HAL

Author:HAL
北海道の道東で車やバイクに乗って遊んでるオッサンの日記的ブログです。年中無休で働きつつも頑張って遊んでます。ブログのデザインはしょっちゅう変えます。運営方針

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ

サブカメラ

最近は結構TVを見てます。
腰が痛いのでね。

皆さんも「君の名は」を見ましたか?
amazonプライムの「ゆっくり日本を走ってみたよ」も面白いですよ。



さて、長らく使っていたα77。

デビューして既に7年。

N558-1.jpg


2400万画素に透過ミラーなんぞ挟んだもんだから高感度どころかISO800でも使いたくないレベルの未完成機。
評価レビューも辛辣な内容が並んでいます(^_^;)

それでも明るい日中のポートレートだと不満も少ないですし、
キットレンズがソコソコ使えるやつだったのでスマホよりマシとはいえストレスも日々増大の一途。
道具だけのせいじゃないとはいえツーリングから帰ってワクワクしながらフォルダ開いたら
酷いノイズや立体感の無い画が撮れてるとガッカリするんですよ(ノ_・。)

一応α77Ⅲの噂もあるんですけどSONYは透過ミラー捨てる気ないだろうしなぁ・・・。
Aマウントの将来性も不安だし。
外でレンズ交換するのも気持ちいいものじゃなし。


というワケで代わりというか不満を補完できそうなサブカメラを結構前から物色してました。
77もまだ使い続ける前提で。

しかし、条件が色々ありまして。
・ファインダーは欲しい。
・フルサイズは憧れるけど高価
・今より軽く
・APSレベルの画質は確保しときたい
なんて我儘な条件あげてたら簡単に見つかるはずもなく・・・

というか最近の手頃なコンデジってばスマホに押されて絶滅寸前なのね。
ハイエンド以外は息をしていない感じ。
加えてハイエンドは10万円超えるのザラだし!


これなら・・・



もう一回・・・



デジイチ買った方が早くね?












という事で先ほど軽量&高画質なサブカメラを衝動買い?しちゃいました。

N558-2.jpg


1、キャッシュバックキャンペーン(12日までだったので急に決めた)
2、モデル末期で安売り合戦状態であった(おそらく春までに7Ⅲが出る)
3、さらに訳アリで大幅プライスダウンの品
4、レンズもキャッシュバックキャンペーンだった。
5、手持ちの不用品を色々と処分。

という錬金術?を重ねまくった結果なんとか予算を都合して遂にフルサイズを手に入れちゃいましたぁ~ \(^_^)/


比べると77の3分の1くらいの大きさかな?
レンズも携帯性を重視して軽くて安いヤツを付けましたよ(いちおう着けっぱの予定)
大抵のバッグにサクッと入る大きさでです。

N558-4.jpg


とりあえず目の前にあったTVを撮り比べしてみましたが同じ2400万画素なのにスピーカー表面や枠の質感、ノイズの無さが段違いの写りです。
まぁ、起動が遅いとか操作系の不満とか少々ありますけど。

※ISO400 F2.8
N558-5.jpg


前回の記事を書いた時は考えてもいなかったんですよ、ホントに。
デカいお年玉が急にやって来たって感じです(^_^;)


しかし、説明書読みたくないなぁ・・・
N558-3.jpg

MAVICのテストフライト

予想通り【飛ばす場所】を探すのが一苦労でした。

ただの練習なら家の周りで良いのですが動画となると色々と配慮せざるおえないので時間がかかりました。
加えて大寒波がやって来て真冬日が続いているので手が凍えたりバッテリーが心配だったりと十分には飛ばせていません。





それでも定番の海・川で飛ばしたり、閉鎖されている雪の少ない林道を見つけては飛行テストを行ってきました。

今回のドローン購入に関しては費用を抑えるため自作したり個人輸入しようかとも考えていたのですが結果的に大手DJIの製品で正解だったと思います。

ドローンの性能うんぬん以外に飛行支援のために用意されているアプリの様々な機能が初心者にはかなり役立ちます。
加えてMAVICとPHANTOM4から搭載されている障害物センサーにも数度お世話になってます(^_^;)。

また飛行には直接関係ありませんがドローンはバッテリー管理が結構煩わしいのですがMAVICのバッテリーはその辺も考慮されており、バッテリー自体に管理機能が搭載されていたりUSBモバイルバッテリーとして使えたりとかなり親切設計です。

N528-1.jpg


さて、肝心の飛行ですが、まず真っすぐ飛ばすことが難しいです(爆。

スタート位置の角度がたとえ数度でも違えば数十メートル進むうちにとんでもない方向へ行こうとするワケで・・・。
慣れてくればやんわりと修正しながら飛ばせるのですがまぁ、初心者なのでそう簡単に綺麗には飛ばせませんて(^_^;)


それでもマシな部分を繋ぎ合わせて動画を作りました。

カメラの性能は予想よりはるかに綺麗で初めての4K映像には衝撃を受けました。
が、残念ながらウチのPCでは4K再生は出来るのですが編集するにはチト厳しいのでHDで撮るのが関の山かな・・・(ノ_・。)

N528-2.jpg


ブレのない映像もすごいのですが特にアクティブトラックという自動追尾と旋回機能が面白そうです。
上手に使えればバイクや車などの撮影でも格好良い映像が撮れそうですが果たしてどうなりますやら。



そうそう、撮影中に何度か鳥に襲われました。

カモメやカラス、そしてオジロワシに追いかけられたときはかなり焦りました(^_^;)

カメラスライダー試作

スライドさせながら動画を撮りたい時に使うのがカメラスライダー。

一般的な70cm前後のクラスではクオリティによって¥5000~¥20000くらいとお値段も様々。



シンプルな構造なので自作してみようかと思いつきました。

なるべく手持ちのパーツを使って作ります。



ジャンクヤードから引っ張り出したのはリニアガイド。
75cmくらいかな?

N524-1.jpg

以前、オクで気まぐれに入手していた中古です。
長物である方が引き取り手が居ないので激安な傾向にあります。

なんでそんな物を手に入れたかって?

答え、触って見たかったから!



コレに足と雲台を付けるだけで終わり~というお手軽工作(笑)

ハイ、出来ました!

N524-2.jpg


一応、持ち運びしやすいようにボルト部分にバネ入れて回転出来るようにしました。
剛性低くなったけど大丈夫かな?

N524-3.jpg


このまま撮影しても良いし、三脚の上に置いても使えます(コッチが本流かな)

N524-4.jpg


画像ではクイックシューだけですが撮影時はカメラの下に雲台挟みましたがグラグラします。
もう少し剛性出すような方法を考えないといけませんね。


テスト動画



ドローンが欲しかった

年明けから物欲全開モードです(笑)


何かと話題のドローン。
シェアNo.1のDJI最新機種はPhantom4 Pro




ほしいっ!!

初代が出た時からず~っと気になってて欲しかったのです。
カートに入れ、あとは「ポチッ」っとするだけの所まで逝ってた事も幾度。

しかし、何がソレを思いとどまらせたのか。
ズバリ値段です!

本体+予備バッテリー2本+キャリングケースだのアレコレ揃えたらかなりのお値段になります。
ファントムを買う予算はコツコツ貯めていた“フルサイズ一眼資金”なので当然カメラの買い替えは諦めなければならない。
かといって一眼本体はまだしもレンズまで買い揃える程の資金は簡単には溜まらない日々。
という訳で悶々と物欲に取りつかれて過ごしていました。


で、肝心のドローンで何が撮りたいの?というと↓こんな感じでイメージしてます。



コレだけのためにそんな大金をと思うかもしれませんがこの辺は個人の趣向ですのでご勘弁を(誰に言い訳だ?)

仲間も撮りたいし、自分のも撮れたら面白そう!
でもファントムって送信機や予備バッテリ含めると車じゃないと持ち運べないサイズだよね?
なんてシミュレーションしていた訳です。


そんなトコロへ自撮り可能、追尾可能であり、まぁまぁ小型なドローンが登場しました。

lily camera


本体とリモコンさえ持っていけば気軽に撮影できるようで、しかも防水。
アウトドアで使うにはピッタリのドローンではないでしょうか?

しかも、先行予約はなんと$599
トイではないドローンとしてはかなり低い価格設定。
もちろん早速注文しました!




というのが実は二年前(2015年5月)の事・・・

誰にも言ってなかったけど・・・

理由はこのドローンがいわゆるキックスターター形式だったから。

欲しい人がお金を出し合って資金を集めてから商品化するっていうアレね。

信じてお金を出した先行出資者は格安で商品を受け取れるっていうアレね。

そう、たとえプロジェクトが頓挫してもお金は返ってきません・・・っていうアレね。



これまでの経緯はこんな感じです。

2015年春に事前予約受付開始 (ここで申し込みました)
   ↓
2016年2月頃に発送予定 (約一年間待ちわびました)
   ↓
2016年夏に発送延期
   ↓
2016年秋に発送延期
   ↓
2016年12月に発送延期 
(アメリカのみ発送、日本は翌年以降)

2017年1月 アメリカでも発送されたとは聞かない ←イマココ


もうね、やるやる詐欺かよっ!( ゚Д゚)凸ゴラアァァァァ!!

しかも、開発状況の説明もろくに無いという orz

決してlily cameraのプロジェクトが頓挫したという決定的情報はないのですが(※2017年1月3日現在)

(※1月11日破綻しました)

残念ながら私にはこれ以上待てません。

というわけで昨年末に泣く泣くキャンセルしました。
(手数料引かれましたが大部分返金してくれるだけマシか)

あぁ~ストレスだけ溜まった一年だった・・・。

lily cameraを未だ待ち続けている皆様のお手元には無事に素敵なドローンが届くことを願っています。


もう二度とキックスターターなんてやらんぞ!

たぶん・・・

しかし、こっちの似たようなプロジェクトは成功したんだよな~(爆

AIR DOG

アクションカム購入

メンテ記事ばかり続いてました。
書く方も飽きますね(^_^;)
というわけで別の話題でも。

先日、追加のウェアラブルカメラ購入しました。
ケースからしてGOPRO(右側)そっくりのThiEYE I60ってヤツです。




まぁ、ぶっちゃけ中身もGORPOのパクリです。
トレーラーすらもパクるという徹底ぶり(笑)
N477-1.jpg


この手のGOPROモドキで有名なのはSJCAMのSJ4000やSJ5000シリーズなんですが安価で人気が出たせいでモデルを乱発してラインナップがややこしい上にパチモンのSJCAMのパチモンが出回り、どれが本物のSJCAMなのかすら解りずらい状態に陥ってます(^_^;)

というわけで調べるのが面倒くさがりな私は別の“モドキ”を購入することになったわけです。

ThiEYE I60はパチモンの中では割とお高いのですがFHDで60FPS撮れるというのが決め手です。
さらにAmazonでタイムセール中&追加バッテリー購入で1000円値引きってのも大きい。


GOPROより本体が厚いのは背面液晶がついてるから。
画角チェックも簡単?一応Wifi搭載でスマホアプリで確認もできるようです。
付属品もほぼGOPROと一緒。
N477-3.jpg


説明書はペラペラ英文一枚のみですがメニューが日本語対応なんでボタンを適当に押しているだけでもわかります。

メニュー下の【事件】って・・・?(笑)
N477-4.jpg



さて肝心の映り具合ですがチョット試し撮りして動画から切り出してみました。
ウチのは既に二世代も前のGOPROだから参考になるかわかりませんが・・・

ThiEYEの方がコントラストがハッキリしてシャープな感じです。
とはいえ白とび・黒つぶれも起こしているのでソフトウェアでそのように処理しているのかもしれません。
N477-5.jpg
N477-6.jpg


現行ラインナップのGOPROは高価になってしまったのでお手頃価格帯でコレくらい映れば十分でしょう。

天気が良くなれば更なる比較動画でも作るつもりです。