最新記事
コメントありがとう!
来園者数
プロフィール

HAL

Author:HAL
北海道の道東で車やバイクに乗って遊んでるオッサンの日記的ブログです。年中無休で働きつつも頑張って遊んでます。ブログのデザインはしょっちゅう変えます。運営方針

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ

充電器 逝く

少し前の事になりますがXR250専用に使っていた充電器を壁際に置いていたら、季節外れの大雨で浸水したプールにて水遊びを楽しんだ後に寒気でコールドスリープされてました・・・。

N569-3.jpg


いちおう自然解凍して蘇生を試みたものの、あらゆるバッテリーを「満充電! 満充電! 補充しなくてダイジョブ(・∀・)v 」との無責任な仕事ぶりだったので退職を余儀なくされました。


もうすぐRALLYも来ることだし「充電器も追加しなきゃ~」とは思っていたんですが、トリクル型の充電器って結構なお値段する・・・と思っていたのは過去のハナシ。


10年前、エリーゼのためにオプティメイト4を買った時は15000円くらいしたかな?

その後、XR250のために今回壊れたアキュメイトなるオプティメイト1の類似品みたいなのを買った時は7000円くらい。

で、久しぶりにアマゾンで充電器を探したら2000円台で使えそうなのが結構出てました。
これなら余裕で2個買えます。

特に考えもせずベストセラーとなっていたスーパーナットっていうヤツをゲット。
ACCUMATEも小型だったけどSUPERNATTOはさらに小さくなってます(しかも生活防水)


とはいっても一定数のハズレはあるのを覚悟のうえで購入してますが。

この価格なのでメイドインチャイナなのは当然ですが、PSEマークにPL保険がついてます。
説明書は汚い白黒コピーなんかではなくカラー。
パッケージにアジアンを匂わせる怪しい日本語やフォントはありませんでした。

時代の流れなのか二極カプラは差し込み方向を間違えない形に代わってました。
他社のほとんどの製品(オプティメイトも)がこのタイプに代わっているようですね。
防水性は落ちそうですが気にする個所ではないのでしょう。
N569-2.jpg

3000円台のサルフェーション除去機能が付いてるやつも気になっていたんですがバイクはバッテリー交換が安価なのと、オプティメイト4にはサルフェーション除去機能みたいのが付いていたはずなので今回はトリクル充電器で十分かなと思った次第です。

私はスーパーナットの回し者ではありませんので(笑)欠点をあげるとすると、電源コードが比較的短いので延長コードが必要になったくらいでしょうか。


さて、ようやく車庫の整理整頓が一段落しました。
連日昼休みを潰して10日以上かかったかな?
ギックリ腰寸前です…(ー_ー;|||)

たまには節約

ライトなオフツーリングなどに履いていたブーツ(コミネSB-21)が結構ヤレて来てたのですが、気に入った次のブーツがなかなか見つからないのでどうせならと小投資で延命措置してみることにしました。

フトコロ事情も厳しいし。

まずは100均で茶色の靴クリームなどを購入してヌリヌリしてみます。




結構着色されるけど爪先の表皮が剥がれちゃってるトコロは厳しいっすね。

N568-2.jpg


数回塗り替えして一晩乾かしました。

遠目だと解りづらいかも?・・・程度の回復具合ですね。
もっと濃く塗れたら良いのかな。

N568-3.jpg


特にこの靴は紐が解けやすいのが欠点なので解けない(というか縛る必要が無い)ゴム紐に交換してみます。

N568-4.jpg


履いた感じはゴム紐なのでどうしても緩目ですが許容範囲です。
それより、ウソみたいに簡単に履き脱ぎできるようになりました(笑)
これで紐がステップに引っかかる心配も無くなりそうです。
真価は乗って見ないとなんともですが。

N568-5.jpg

紐の余分は↑この半分で良かったかもしれません。
ゴム紐が思ったより細く、耐久性は無いでしょうが延命措置なのでヨシとしましょう。


次はガエルネのToughGearあたりが欲しいのですが輸入物はサイズ選びが難しいので躊躇してます。
それにしても欲しいモノばっか出てきて困りますな(^_^;)

N568-6.jpg

USB内視鏡を買ってみた

スマートフォンに接続できる内視鏡(スコープ)を買ってみました。

DEPSTECH USB接続エンドスコープ 1m


これでシリンダー内部を確認してみたいのです。




レビューをチェックしてみると認識できないなどの不具合も多くて心配したのですが、2000円のオモチャなので過度な期待はせずに使ってみます。


↓ おい、タイプAじゃねえか!

と、ビックリしたのですがカパッとなる端子なんですね。
初めて見ました(^_^;)

N536-2.jpg


ドライバCDみたいのが付属してきましたが怪しいので使いません。
メーカーのアプリもあるようですが評価イマイチなので使いません。
結局、CameraFiというアプリをインストール。

カメラ自体はUSB機器の検出で普通に認識しました。

N536-3.jpg


内視鏡なんで近接しかピントが合いません。
隠しカメラには使えませんね(爆

N536-4.jpg


といっても130万画素しかないのでこの程度の解像度ですが。

N536-5.jpg


スクショじゃなくアプリで撮影するとこんな感じです。
予想通り汚れてました。

N536-6.jpg

エリーゼが復活したら洗浄剤を使ってみます。
FUEL1やエンジンコンディショナーの使用後にどう変化しているか視認できるのは面白そうですね。

あと、旧車の水抜き穴からフレーム内を覗いてみるとか・・・。

今頃オシロが届く

一度目のタコメーター調査の時に既にオシロスコープが壊れていることが判明していたので発注かけていたオシロスコープが事件も解決した今になってやっと届きました(^_^;)


タコメーターや車載信号なんか見たい時はやはりあると便利なオシロスコープ。
以前の大型アナログオシロは某オクで3500円で入手しましたけど今回は携帯性というより価格を最優先してポケットサイズのオシロスコープ【DSO Nano V3】ってのを購入。

ポケットオシロの中では数千円で買える低価格が魅力・・・って、今製造元の通販サイト見たら私が購入した販売サイトのが安かったけど色々と大丈夫かコレ?


・・・気を取り直して。

半月かかって大陸からやって来たNano V3は同じく大陸製のGOPROモドキの一回り大きいくらいのサイズで視認性が心配でしたがこれでも十分な感じかな。
ただしプローブは超安っぽい(^_^;)




こいつに決めた理由はもう一つあって、どこかの偉い方が日本語説明書を作成してくれていたこと。
(メーカーではリンク切れ起こしてた)

おまけに純正のファームウェアは使いづらいらしく皆さん「Benf」ってのに書き替えてるらしいんだけどそのやり方のマニュアルまで作成してくださってる。

ありがたい事です<(_ _)>


とはいえ触ってみた感じ、自分のような単純に信号を診たいだけの(X軸・Y軸のレンジを変えるくらいしかしない)ライトユーザーにとってはファーム書き換えるほどではないのでそのまま使うことに。
ファーム書き換えはそれなりにデメリットや危険性もあるようなので今回は見送り。


それにしても↓こうしたスタンドに茶目っ気だすあたりは測定機器にはマイナスなイメージしか沸かないと思うのだけど。

N516-1.jpg


とりあえずタコメーターに入る生信号を拾ってみたところ予想通りの波形がでました。
デジタルなんで表示がコマ送りみたいに出るので違和感ありますがこれがあればZのアース不良も早く判明したかもしれないですね。

N516-3.jpg


このオフシーズンは電子工作してみようかな?

タコメーター再調査

ショウさんが所用で近所まで来たのでようやく車両込みでタコメーター不具合を検証する事にしました。

色んな所がパカパカ開いてロボットみたい(笑)




まず、これまでのオートメーターの症状を纏めてみます。

私が実際に目撃した症状は以下の2点。
・アイドリングで針がブルブルと震える。
・最初は実際より低回転を指し、回転数が上がると突然跳ね上がる。

その他オーナー情報として
・正常な時もあるらしいが最近は頻繁。
・全塗装した後から症状が出始めた気がする。


という事でトラブルシュート開始。

まずは一時電流を測定。
パルスをテスターで測るのは邪道ですが我が家のレトロなオシロスコープがご臨終してしまったので苦肉の策。

N513-2.jpg


アイドリング時の測定値は10V前後。

低くね? (;´・ω・)

ブリッピングすると12V以上になる。
あくまでパルスをテスターで測ってるからまだなんとも言えないけど。


次にコード類の緩みもチェック。


さらにウチに転がってたローバーミニのタコ(もちろん4気筒仕様)を直接コイルに接続してオートメーターと比較。

N513-5.jpg


アイドリングブルブルは無し。

が、指し示す値はオートメーターの倍。

おかしい!

面倒くさいから詳しくは書かないけどアイドリング回転数と一時電流のパルス数から考えてもミニ方が正しいと思われ。


という事で針がブルブル震えるのはノイズを拾っているのではなく、パルスを綺麗に拾いきれてないのだと推測。
回転数が上がって針が急に跳ね上がるのも電圧が上がり、正常値まで一気に戻るのだろうと説明がつきそう。


さて、問題はどこで電圧降下が起きているのか?

ひとつひとつ配線を測定。


そして見つけたのがフルトラのアースらしきコード&ボルト

N513-3.jpg


・端子が錆びている。
・黒色ボルトが何メッキなのか解らない=導通が悪い可能性。
・ボディ側の雌ネジ部まで塗装が塗られてる。

とあまりヨロシクない状態だったので磨いたり、被膜削ったりしたところ・・・



復活!

N513-4.jpg

トラブルの原因は意外とこんな物だったりしますよね。
というかこの程度で済んで良かった~(^_^;)ゞ

まぁ、素人作業なんで本当に完治したかは解らないけどカップラーメンすすりながら駄弁って楽しいガレージ作業でした。
不調が出たらまたやりましょう(爆



この後、日差しがすっかり黄色になって初冬じみてきた山中をテストと称して走り回りました(笑)

N513-8.jpg