北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

改行を少なくしてみる

道外の皆さんのブログを拝見していると年中オープンカーに乗っていたり夏タイヤに交換しただのと、静かに冬眠しているウチのエリーゼが北海道においては「異世界の動物」みたいだな~なんて思います(^_^;)。


テールランプLED化のプロジェクトは水面下でジワジワと進行中です。 が、何せ自分の(さほど多くはない)技量を超えてしまいそうな予感がプンプン臭う次第でして(^_^;)かなりな長期戦を覚悟して挑んでいます。こういった場合の集中力は我ながら発揮する方だとは思うんですがいかんせんキャパシティが足りないので他の余計な?事には拘わらないようにしておかなかればなりません。


N10.jpgどうあがいてもエリーゼには後2ヶ月は乗れないワケでして、遅ればせながら『生命維持装置』なんかを導入しました。 冬眠中はもちろんシーズン中も電力大食いなセキュリティ搭載車ですので一年を通して必要な品だったんですがホント今さらな導入です。 もちろん通常の充電器はこれまでも使っていましたが「車が2台なんで充電器も2台あって良いかな?」なんて思いまして本日接続してみました。

隊長やバル1400さんから「いいよ~」とは聞いていたのですが、しょせん小型の充電器でしょ?なんて思っていたんですが…


いいですなコレ (^v^)

LEDが10個もついていて色々と“ピコピコ”点滅してるんです。 「仕事してまっせ~」って自己アピールしてるのが満足度UPにつながります。



それにしても一つの目的のために情報収集していると他のモデファイ案が蓄積され放題でいけません(^_^;)

エリーゼ S3

かねてより噂のあったエリーゼのモデルチェンジ?が発表されました。

詳細はこちら

モデルチェンジっていうより2011年バージョンって感じなんでしょうが
「S3」として区別されるのは間違いない?でしょう。
(マイチェンらしいのでされないかもしれないw)

大きな変更点は外装とエンジンのようです。
外装はURL参照のとおり、エンジンは1ZR。
排気量減、最大トルク減、燃費23%UP、6MT。


S2が出た時は賛否両論(というか否定派が多かった)んですが
自分は当初よりS2のデザインの方が好みでした。

S3のデザインはエヴォーラっぽくもありフェラーリっぽくもあり(^_^;)
ヴィーマックにも似ている気がしますね。
少なくともS2よりはマイルドになった印象です。


憶測で物を言えば

エリーゼも発表から15年。
いわゆる「走りたい」人はあらかたエリーゼを手に入れちゃったんじゃないかと思うんです。
もしくは11年度もRやエクシージがあるようですからそれを買えばいいと。

ロータスの稼ぎ頭であるスタンダードなエリーゼをオタク的な人以外の新規購買層に売るためには
通勤に使えて、燃費が良くって、必要以上に刺激しない車にしようとしたんじゃないかと。

これまで各所のBBSで「通勤に使えますか?」って質問をどれだけ見たことか(^_^;)


企業としてこの不景気では真っ当な戦略だと思いますが
果たしてこの戦略がロータスにあこがれていた人たちに受け入れられるかどうか…

冬季合宿

「スノーモビルで遊びに行かないか?」

隊長のそんなお誘いを断る理由もないので二つ返事で了解しました


しかしオイラはバイクにもマトモに乗らないド素人なので
一緒に行く予定のバル1400さんに問い合わせると
「他にも未経験者が行く初心者ツアーの予定らしいよ」とのこと。

一安心です。

ついでに「何か用意するものあるの?」と聞くと
「何も言われてないから必要無いんじゃない。」とのこと。

それではとボード用のウェアを持って集合地点へと急ぎました…




んで現地到着して隊長に
「何も用意していないんですど(-_-;)ゞ」と忠告すると
「バカ野郎、自分の用意は自分でするんだよ!」
とさっそくお叱りを受けました・・・ orz

まぁ、そりゃそうですよね~(^_^;)

さて洗礼を受けたところでメンバーのいでたちを見ると
皆レーシーなメットを被ってます。
こちとらボードウェアにニット帽ですがw

(本当に初心者ツアー?)


「隊長! 目的地はどこでありますか?」
「阿寒湖だよ」

それって・・・
こっから一般道で100Km近くあると思うんですが?
もちろん直線ルートを取るので山の中に入るんですよね(-_-;)

「隊長、もう一度確認しますが初心者ツアーですよね?」
「大丈夫、30分くらいで着くから」

う~ん、なんか計算が合わない気がしますが
下級隊員は深く考えても仕方がないので言われるがままに着いていきますw



最初の10分くらいはブーンと快調に林道を飛ばしていきますが
早速はるか向こうまで文明の見えない場所に入り込みます




スノーモービルって雪上の乗り物だからビュンビュン行くと思うでしょ?

それは平地や圧雪面でのことで
山間部に入るわけですから殆どは新雪と上りなワケです。

フカフカでトラクションかからないということは・・・

N09-3.jpg

このように林道すらなくなる奥地に入ってからは
1時間以上「数十メートル侵攻 → スタック → 救助作戦展開」を繰り返しました。

フカフカの新雪の中で数百キロのモービルを人力で引きずり上げるのは
洒落にならないくらいキツイっす!!!


スキーでも30度超すと上級斜面だと思うんですが↓ここ35度もあるんですよ!

隊長ホントにこれって初心者ツアーですか?
N09-2.jpg

それでも上れた時はナマラ嬉しかったけどね
(ナマラ=超)

最後にはマジで体力が無くなり、
救助しようとモービルを降りて一歩あるくだけで足が攣りそうになります orz


隊長も「先週と状況が違う! こんな予定じゃなかった」って(^_^;)






それでも午後からは馴れたせいかハマる回数もグッと減ってきて
楽しい>>>キツイって感じで段々と…

いやメチャクチャ楽しくなってきました




オフバイクでも林道には入れるけどモービルじゃないと山の上とかには来れないもんね。

(登ることが出来ればの話ですがねw)

N09-4.jpg


で、ただ今「全身筋肉痛」で~す(T_T)

該当の記事は見つかりませんでした。