北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なDIY男が送るリアルガタピシ生活。
MENU

諜報活動

あまりにもヒマなので右足のリハビリがてらNORDさんに遊びに行きました。

バイクでコケた事や、エリーゼの調子やら
最近目撃した車の情報や、次のアシ車のための情報(壊れ度合いww)なんかを収集。
ようやく大型の整備工場を確保したそうです。
おめでとうございます


やっぱ147カッコいいな~



いえいえ、買いませんよ(笑

それにしても最近はやたらとMINIが走ってます。
買いやすい値段まで落ちてるんでしょう。





んで、帰宅しようとトロトロ走ってたら視界の端に違和感アリ。



んん~!?


TD? パンサー?


思わず引き返して見に行ってしまいました

b2.jpg



正解は・・・・


MP LAFER(ラッフェル

MG-TDのレプリカでブラジル産だそうです。
予想通り中身はワーゲンらしくバサバサ言ってましたwww

調べてみると007のムーンレイカーに登場しているらしく
この映画には真のボンドカーは出てこないと思うんですが
そのおかげか、このラッフェルがボンドカー的な扱いになっているらしく
ミニカーになって売られてますwww

 ↓こんな風に登場(音注意!)


日本には3台くらいしか無いとか、
そのうちの2台が釧路にあるとか無いとか。
(マジか?)


レプリカにしては結構しっかり作られてます。

メーターはVDO。

b3.jpg


またぞろ隊長の知り合いとかかもしれませんが?(^_^;)ゞ
「好きなら売るぞ!」って言われましたww

思い通りには

「いかないモノ」ってーのは解ってるんですが…

(ヒマなのでチラシの裏です。)



怪我した事自体が思っていた事なワケありませんし、
本州遠征も泡と消えちゃったんですが、
それは二輪免許と引き換え見たいなモノなので仕方が無いです。

実のところ紅葉をアテにしてこの時期の本州遠征を目論んでいたものの
今年の異常気象の影響で紅葉も遅れているようで
まっ、結果オーライでしょうかね?

しかし、ヒマつぶしに今さら買ってきたCod4MW2が数時間でクリアは誤算。
前作よりかなり簡単で3日は楽しめると思ったのに(T_T)
吹き替えも誤訳のオンパレードで萎えちゃうし…。


それにしても最近はめっきり寒くなってきて
バイク乗るにはいよいよ厳しくなってきた感が(・_・;)
エリーゼだって乗れる期間に大した変りは無いですケドねww

残りシーズンで思うのは
北見のknucle行きたい
斜里のレッドホットチリペッパーにも行きたい
今年はナイタイ高原に行ってない。

いくつ叶うかなぁ…



さて、10月11日にも叶えたいイベントが。

どっちに行こうかな?


秋季合宿

以前RSさんと二人で飽別林道を通った時に
「↓この辺からオンネトーへ抜けれるらしいよ」と話していて…


通常は目前の阿寒連峰の右側を迂回して阿寒湖へ抜けるんですが
オンネトーというのは画像で言うと左側になります。

当然地図にも載って無い道です。

そんな事が隊長の耳(目?)に入りまして、

「逝くか?(合宿に)」

「行きます!(アドベンチャーに)」

となった次第です。



しかし、我ら(といってもこの場合オイラとバル1400さん)が恐れるのは
聞いてない」、「合宿という二つの言葉。

半年前の冬合宿の時のように帰宅後に動けなくなるのだけは避けたい次第でありました…




ツーリング前日は「大雨警報」が出るほどの雨。
当日も小雨状態だったのですがとりあえず集合。
しょっぱなから難易度上がってます。

メンバーは経験豊富な三台、
メキメキ実力を上げるバル1400さん、
そしてヘタレなオイラの5台
(くわしくはバル1400さんのブログで)
N55-1.jpg

熟練者が三台も居ることで安心したのもつかの間
イキナリ小耳に入る隊長達の打ち合わせ
「あの急斜面が… 」
「二回しか昇れた事が無い…」
「今日は無理かも…」
一人で地図にも載らない林道を探索するような腕も持った方達が呟いてます。


ハイ、心に聞こえました

合宿ケッテーイ(・∀・)!って事が


  


そんなワケですからとても苦しい冒険心あふれる道のりでした。


This way ねえって!
N55-2.jpg


ドロドロ、グチャグチャ、ヌタヌタ
ブレーキなんて効きやしない(^_^;)

「ぬぉぉぉぉ~~~」っと滑り落ちるだけwwww
N55-3.jpg


5回以上はコケました。
ステップも変形しまくり orz

でも苦労してこういう癒される場所に来ると
色々と感じますね
N55-4.jpg

自分達以外の存在を!


その後、オンネトー湯の滝を見たり。

ドライブイン「クマゲラ」で昼食をとった後は・・・


アクシデントにより ソロツーへ移行!

N55-6.jpg

他のメンバーはまだ合宿を続けるらしいですがやっぱ観光も大事でしょ?
都会派のオイラには一日中泥まみれなんて
耐えられないので一抜けさせてもらいます(爆


という訳でオンネトーを見に行ったり~
N55-9.jpg

白藤の滝(の看板だけを)見に行ったり~
N55-8.jpg
これ以上先は『徒歩』なので断念。

んで、スタート地点で一服していたら
偶然にも全員集合しちゃったぐらいにして(^_^;)

仲良く解散となりましたヽ(^o^)丿


PS
昼食前に普通のダートで転倒して足痛めました orz
歩けません… (T_T)

くの一参上!

先日コケた時に出来た擦りキズがマフラーについてました(T_T)

そんな悲しみを忘れる訳じゃないけど娘とディグリーを洗車していたら
「ついにアタシ免許獲ったよ~」と姐さんがお仲間と来訪して下さいました。



カワサキ?ライム?グリーンのNinjya250
カッコイイですなぁ…

すこし乗せてもらいました。

初心者のオイラが言うのはおこがましいんですが
変なパワーバンドも無く、足つきも良くて
女性にも扱いやすそうですね。
(オイラ的にはチョット物足りないかな…汗)

晴れてライダーとなった姐さんですが目下の悩みは
他のライダーとの巡航速度が違いすぎる事らしいですwwww



さて、出撃予定だった連休ですが
雨マークが並んでます… orz

隠れ秘湖への旅

仕事が一段落ついたとたん連日続いていた秋晴れが一転し、
本日は曇天… 

しかし、来週は召集命令がかかるハズなので
僅かでもスキルUPを狙って林道へGO!

といっても久しぶりなのとソロということで
観光がてらに肩慣らし程度にしておくつもりです。



目指すはシュンクシタカラ湖

40年程前に日本で最後に発見された湖です。
人工衛星で見つけたそうです。
周囲に何もないでしょ?www


この湖へ行くには釧路市阿寒町の布伏内という地区から
北周りで北陽ヘルフナイ林道を通るか
南周りでシュンクシタカラ林道を通るかの二通りがあります。

一般的にはシュンクシタカラ林道を通るのですが
オイラは十年以上前に北陽ヘルフナイ林道から
歩いてシュンクシタカラ湖へ行った事がありますwww

その時の帰路はシュンクシタカラ林道を車で移動したのですが
「絶対この景色をもう一度見に来よう!」と誓うくらいの秘境っぷりでした。



さて前置きも、誓いの達成も長くなりましたが(^_^;)
実は昼飯ついでにココのラーメンを食べようと思っていたのです。

秘境ラーメン店として知る人ぞ知る「真澄」です。
(真っ直ぐ行くとシュンクシタカラ林道)
N54-1.jpg

定休日でした。 orz



気を取り直して林道へ入ります(・_・;)
当初は少しペースUPして特訓しようかと思ったのですが止めました。

右は絶壁、左は渓谷でコースアウトしたら楽に死ねますから。

N54-2.jpg




でまぁ、しばらくは景観を楽しみつつマッタリ走行してました。

N54-6.jpg


シュンクシタカラ湖は先ほどの真澄から21kmとの事。
都合良く道路脇に距離表示があり、
「たしか途中から左折するんだよな~」などと
17km地点くらいから注意していたにも関わらずそれらしき道は無し。

林道も段々と山を登り湖などあるはずが無い予感が漂い始め
周囲の形状も10年前の北陽ヘルフナイ林道の記憶と一致する始末(T_T)

「こりゃあ、行き過ぎたな~」
なんて思っていたらついに林道も無くなりかけた。

「後20mくらい昇ってダメだったら戻ろう」


と思ったその時… コケました (・_・;)


 ↓手前の轍でもんどりうってコケましたwww
N54-4.jpg


人生初転倒です。

幸いフカフカの土の上だったので痛みも無く無事でした。

「あ~ビックらこいた~」って思いつつ
エンジンを再始動しようとセルを廻したのですが…

キュルルルル…

エンジンが始動しません!(・_・;)

今まで他人のこの場面を何度か見てますが
ついに自分の身に降りかかるとは!


 ・

 ・・

 ・・・


な~んて、キルスイッチが入っていただけでした。
仲間内では定番のトラブルなのでスグに解りました(^_^;)


そんなワケでいそいそと引き返して
アッチの林道、コッチの林道と1時間くらい走りまわっていました。
「観光のつもりが特訓になってきたなぁ…」
などと思いつつも見つからなくて困って居たところへ
けもの道のようなササ藪からRV車が出現!

「ちょww、そこwww道じゃないだろうwww」
と驚きつつも素直にシュンクシタカラ湖への道を聞きました。

どうやら14km地点で左折するらしく
オイラはまだまだ先だと思って
勢いよくスルーしてしまったらしいです。



そんな紆余曲折を経てシュンクシタカラ湖到着~♪
N54-3.jpg

エメラルドグリーンの湖面が神秘的です

北海道の3大秘湖(東雲湖、オンネトー、オコタンペ湖)ってのがあるんですが
こちらは展望台も看板もろくにないので秘密度合いは確実に上ですね。

帰りは結構すっ飛ばして帰りましたw




おろしたての装備が役に立ちました
N54-5.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。