北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコドライブ

いきなりツーリングのお誘いを受けて突発的に参加して来ました。



スポンサーサイト

デビュー戦?

仕事もようやく落ち着いたので十勝スピードウェイへ遊びに行ってきました。

フェンスの向こうでは豆か芋かわかりませんが
忙しく農作物の収穫が行われているのどかなサーキットです(笑)



私は仕事の関係で年に1~2度くらいしか走れませんが
これまでは週末のイベント絡みで出走することがほとんどでした。

今年はスギさんが遂にフルコン積んで、さらにサーキットデビューも果たしたいということで
「平日に自分たちのペースで走ろうかぁ~」的なノリでフリー走行で遊びにゆく運びとなりました。

といっても私もジュニアコースは走った事が無いのでお互いデビュー戦となりますが。
N229-1.jpg


予想どおり平日ともあって貸切状態!

「10分ほどアタックして5分休む」を繰り返すような感じでゆっくりと楽しむことができました。

N229-3.jpg

それにしてもジュニアコースは複合コーナーが多いので難しいですね。
でも狭いコースの方がスピードレンジも低いので滑っても安心♪
というワケであいかわらずクルリと回ったり、エフンエフンな事したり(^_^;)

ジュニアコースは平日1時間3000円という
超格安値段ですので皆さんも遊びにいきましょう!


いやぁ~それにしてもスギさん元気。

「楽しぃ~」を連発して走る!奔る!趨る!
N229-5.jpg N229-6.jpg
N229-4.jpg


大満足のご様子で、帰り支度が終わるギリギリまで走ってもまだ足りないオーラが(笑)

暗くなっちゃうので帰るよ!(^_^;)
N229-2.jpg

私自身も初ジュニアコースは楽しかったです!
次からもジュニアだな(笑)

今年は残暑が厳しいのでもう少し涼しくなったらまた行きたいですね。

釧路巡り 2/2

米町ふるさと館の後は向かいにある米町公園に行ってみました。

10年以上ぶりかな?




灯台を模した展望台が良い感じですがそれほど大した見晴らしではない気がします。

N227-6.jpg


次にどこへ行くか悩みましたがやはり走り慣れた郊外へ行くことにしました。

お気に入りの空港南道路へ。

N228-1.jpg


携帯で離陸時間を調べ丘陵地帯を往復し、適当に滑走路南端でしばし待ちます。

N228-2.jpg


やがて轟音とともに急上昇する機体が!

N228-3.jpg

広角で撮っているので画像の迫力はイマイチですが肉眼だとそれなりの迫力があります。


日差しが強く、止まると暑いですが草花は黄色く色づき始め
キリギリスも鳴いて完全に秋の気配が漂い始めてますね。

このルートで4輪オフ会プチツーリングでも企画しようかな?

N228-4.jpg

釧路巡り 1/2

ようやく乗る時間が取れるようになり近場を周ってきました。

N227-8.jpg


バイクで行くかエリーゼで行くか迷いましたが
暑かったのと釧路市内で行きたい場所があったので
機動性のあるZZRで行くことにしました。


しかし、出発して数十分。
市内に入ったところでバイクでまともに市街地を走った経験がない事に気が付きました(-_-;)

怖ぇ~!!

交差点や脇道から車が出てくるたびに「コチラにぶつかるんじゃないか」って気がして
剥き出しの身体のせいもあるのでしょうがビビりまくりで市内を走行しました(汗




そんな思いまでした行きたかったのは実に地味なトコロ。

釧路を代表する建築家、毛綱 毅曠(もづな きこう)の初期の作品『反住器』です。

N227-1.jpg

<Wikipediaより抜粋>
初期の代表作「反住器」は8m角の立方体(建築本体)のなかに4m角の立方体(部屋)が有り、その中に1.7m角の立方体(家具)が有り、三者は同形にデザインされているという。これは「反機能」を「入れ子」の概念で表現しようとしたものである。


釧路市内には博物館・展望台・学校・ホテル・病院・商業施設(Moo)など
彼の作品を多数目にすることが出来ます。

しかし、この反住器は住宅地にひっそりと存在するために知らない人も多く
そのマイナー加減が天の邪鬼な私の食指を動かしたのです(笑)

超簡単に考えると三重の箱になるわけで居住性は低いでしょうが
実際に氏の母親が住んでいたそうです(今は無人のよう)

N227-1b.jpg

私が生まれる前の建物という事で当時は住居としては理解されなさそうですが
今ならオサレな人には人気物件になりそうなデザインですね。


ちなみに私は建築に関する知識は殆どありません。

と、いいつつ次に向かった場所も建築モノ(笑)
釧路で一番古い木造民家の米町ふるさと館(旧田村邸)です。

N227-4.jpg

「古い」っていったって北海道ですから100年ちょっとの建物です。

もともとは商店だったので半分は店舗。
古い道具や資料が並べられ当時の様子を伺い知れます。

N227-3.jpg

奥の方は座敷となっていてここで軽食が取れるハズで期待して行ったのですが
市の経費削減とやらで不採算業務は廃止となり
今はボランティアの元で資料公開のみとなっていました。

アイスコーヒー飲みたかったのに・・・(-_-;)

N227-2.jpg

仕方が無いので解説員?のおばさま(80ウン才らしい)としばし談笑。

↓こういうの【透かし彫り】っていうんでしたっけ?
N227-5.jpg

上手に彫ってるよな~

100年前は釧路にも職人居たのかな~

なんて考えてたら
「釧路にはツバメは居ないのにツバメを彫るなんて不思議よねぇ~」だって(^_^;)

庶路ダム行ったらワンサカいますよ(笑)

今は市内にあまり虫が居なくなったから営巣しないんじゃないでしょうか。


さて、ふるさと館を後にして次はどこへ行こうか?

それにしても良い天気だなぁ。

まさに秋晴れ。

N227-9.jpg


-つづく-

お出迎え

もう半月以上も前の話なんですが。

オープンで行こう~ロータスエリーゼとドライブ】の竹ノ本秀麿さんが
はるばる関東から道東までドライブにやって来るとの事でお出迎えに行ってきました。

N225-8.jpg

といっても秀麿さんの連絡先も知らず、
明確に落ち合う約束などもしておらず、
「会えたらいいね~」的な漠然とした状態で出発(笑)

生憎の雨模様でしたがフェンダーを流れる雨粒を見ながらのドライブもまた格別です。



小一時間ほどで厚岸・味覚ターミナル・コンキリエ・道の駅・グルメパーク到着。
(名前なげぇ~)

駐車場に入る前から赤いお尻が見え、ほっと胸をなでおろしました(笑)

N225-4.jpg

が、秀麿さん達は昼食のために施設内に居るものと思われます。
20分待っても車に戻らなかったら帰ることにします。

N225-3.jpg

待ってる間にチョット観察(^_^;)

エリーゼって同じように見えても結構違ってるので
逆に自分と同じような車に合うのは稀だったりします。
(秀麿さんの車両とはエンジンが同じです)

ソリッドの赤になるのでしょうか?
水滴も映えますね。

N225-7.jpg

もう帰ろうかな~

っと思い始めたところで秀麿さん登場!
早速隣へ移動していただき記念撮影。

N225-9.jpg


有名なくろまめクンにも座ってもらいました(笑)

N225-5.jpg

秀麿さん達にはお知らせもせず突然の待ち伏せ?だったにもかかわらず
気さくにお話をしてくださりありがとうございました。<(_ _)>

おまけに土産まで頂いてしまい・・・(^_^;)

本当はシーサイドラインを一緒に流したかったところですが
生憎の天候なうえに自由時間も無くなりかけていたので泣く泣く帰宅しました。

N225-10.jpg

道東にエリーゼで来るのは大変だと思いますが
是非また楽しみにきてくださいね~(^.^)/~~~

N225-6.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。