北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花曇りの日曜日②

前回の続き。

塘路駅前で遊んだ後は予定通り標茶町郷土館に行きました。



私は三回目で足も痛いので自分の好きなものだけ見て周りました。

ムサシの発動機。
N289-0.jpg

プッシュロッドやロッカーアームがむき出しの「メカメカしい感じ」がそそられますね(^_^;)

昔ウチにも発動機があって幼い頃はオヤジが運転させていたのを覚えています。そんなワケで興味はあったんですが私が居ない間に処分したようで今だったらレストアしていると思います(笑)

何故かオイラーの中にゴム糊のラベルが入っていました。
N289-3.jpg


これは手動攪拌式の洗濯機のタンクの底。
N289-5.jpg

私はこういった刻印からメーカーや型番を帰宅してからネットで調べて楽しんでますが変ではないですよね?(^_^;)



この建物は明治に監獄として建設され、その後陸軍の軍馬育成施設となり、昭和21~32年までは標茶高校として使われたそうです。最終的に塘路湖のほとりのこの場所に移築・復元されたそうですがどの程度まで現役時代の材料を使っているかは解りませんが雰囲気はありますね。
N289-14.jpg

この階段は年月を感じさせるくたびれ具合でした。「当時物なのかな?」と思いましたが現役時代にも何度か作り変えてるでしょうから何時の“当時”かはわかりません。というか監獄時代のものであって欲しくない・・・。
N289-4.jpg


その後、ソフトクリームが貰えなかった1号には乗馬(引き馬)をプレゼント。
始めて乗せた時は泣いてたもんですが~。
N289-12.jpg

ずっと草食ってるのコイツ(笑)
N289-13.jpg
 
おしまい。

あ~足が痛かった。

スポンサーサイト

花曇りの日曜日①

ようやく気温も上がりコンビニ行くとバイクが数台止まっているのを目にするようになりましたね。ちょっと疼きますが曇天なのがせめてもの救い(ライダーさんごめんなさい)。


そんなワケで?子供と散歩行ってました。

天気がパッとしないので当初は市内で遊ぼうかと思ったのですが駐車場が満車だったり離れていたりで結局春採公園でちょろっと遊んでから塘路にある標茶町郷土館に行きました。どちらもタダ(←ココ重要)

今の機動力ではソコまで上がることすら出来ない(T_T)



ジョニー、君のように早く大空・・・ではなく大地を駆け回りたいよ。
N289-1b.jpg


塘路へ向かうとライバル出現。
よ~し、パパ頑張っちゃうぞ!
N289-6.jpg

塘路駅着、先回り成功!
N289-10.jpg


キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!
N289-7.jpg


展望台まで競争、賞品はソフトクリーム。
N289-9.jpg

往路は1号の勝ち。復路はスタート前に2号が「靴しばるから待って」と待機→いきなりダッシュ!のコンボ技で勝利(笑)

下の子って体力的に上に勝てないから頭使うしかないんだよね。文字や計算も覚えるのが上の子より早くて知らない間に成長してるって感じ。自分も二番目だから良く解る(^_^;)


こんな感じで「乗れない今」は撮影の基礎知識を復習しています。脇を絞めるとか露出を変えるとかRAWで撮るとか超基本的な事なんですがいずれ役には立つと思うんで。

でも、写真も晴天の下で撮りたいなぁ・・・

無駄口

ようやく日本一遅いかもしれない桜前線が到達。

移り変わりを感じにくいヒキコモリですが季節はゆっくりと確実に流れていますね。




変わるといえば最近の円高の是正(あえて円安とは書かない)の影響でしょうか?
今日GoProNipponから「6月からGoPro値上げするよ~」と通知が来ました。
迷ってる人は決断をお早めに!


さて、先日通りがかった工事現場。
いわゆるメガソーラーってやつですね。
東京ドーム何十個分だろう?
N288-2.jpg


今、道東ではこの手の建設ラッシュで公園程度の空き地があったら猫も杓子もソーラー発電という感じです。私の住んでいる山奥にまで「ソーラー発電させてくれないか?」なんて業者から話が舞い込んでます。

買い手の付かない原野や工業団地なんかでは良い利用法だと思うんです。しかし何十年もかけて出来上がった“どんぐりの森”を伐採してまで発電施設を作りたいなんていうのはなんか違うような気がするんだよなぁ~。

ちなみに私は決して反原発主義者でもないし、環境第一主義でもないですよ。きっと私は時代の流れに乗れずに大成せず消えてしまう器なんだろうなと自覚しておりますです。


とにかく今は早くバイクでも車でもいいから乗りたい。

そんだけ。

色々撮ってみる

前回の続き。

ロケハン失敗?したので適当にぶらついてみます。


茶路側河口に向かうと数名の釣り人がいました。時期的にサクラマス狙いかな?


私も足しげく通ったことがあります。胴付きはいて川に落ちて死にそうになりましたけど・・・。当時はアメマスの60~70オーバーが釣れるので興奮しましたが今はどうなのかな?


堤防の土手ではヒツジが雑草除去のお仕事に励んでいました。こういうのヤギとか牛とか見かけますが北海道ならではなのかな?(笑)

N287-9.jpg

親は警戒して顔を上げてくれるんですが子供は無警戒で草を食んでるので写真撮れませんでした。 orz

気温を上がってきて潮風が心地よく、しばらくヒツジ達を眺めていました。


その後、↓軽トラで暴走したシーンで使われた道路へ。
N287-10.jpg


実はこの道路何度も走った事のある空港南側の道路でした。感じが似ているので薄々予想してましたが(笑)


過去にはエリーゼで
N214-11.jpg

ZZRでも
N228-3.jpg

バルさんとも
N214-2.jpg

Zな方々とも
N243-8.jpg


10キロくらいの区間ですが北海道らしい風景が続くので気になった方はどうぞ。

大きな地図で見る



時期的に桜が咲いたばかりで新緑にはまだ早く、天候も悪いのであまり風景写真的なものを撮る気にもなりませんでしたので飛行機の撮影にチャレンジ!
N287-14.jpg

事前の予想よりは良く撮れたかな?
N287-13.jpg


望遠レンズとの接触?相性?が悪いのかまともに動かなくて撮影は苦労しましたが。

あ~こりゃボディ変えなきゃダメだな~と(笑)

おすすめ?

あいかわらず時間だけは沢山あるのでこの機会にツーリングに役立つような場所を探しにドライブしてみました。

ついでに2010年に釧路周辺で撮影された映画「ハナミズキ」のロケ地も巡ってみようと思います。

映画の撮影地は主に釧路・白糠・霧多布なのですが今回は白糠方面のロケ地である↓“紗枝の家”と“軽トラが暴走した道路”を巡る予定。

N287-0.jpg


しかし、朝思いつきで出発して下調べナシでした。とりあえず映画が話題だった頃に白糠の資料館(公民館)にてロケ地案内があると報道されていた記憶があったので行ってみることに。

N287-1.jpg


元々資料館も好きなので楽しみにして行ったのですが残念ながら土器が数点展示してあるのみ・・・

N287-2.jpg

係員に聞いてみると隣の福祉会館には別の資料があると言われましたが2Fにあるそうで今の私には無理です(泣

で、肝心のハナミズキのロケ地案内ですがどこかのサイトをコピーしただけのような小さなPOPが福祉会館のロビーの片隅にひっそりと置かれていました。内容も駅を紹介するくらいで詳しい記述はナシ・・・超絶にヒットした映画ってワケじゃないので訪れる人も最近はあまり居ないのでしょうね。

白糠町の観光案内だけ貰って車に戻りスマホを弄ると鉄ネット・タカさんのサイトに詳しく出てました(笑)

どうやら紗枝の家は隣町の尺別にあるらしく「これなら足が治ってからツーリングがてら厚内の道道1038号&昆布刈石展望台を堪能したほうが良さそう」という判断で今回は中止。今日は白糠近郊の適当なスポットを巡ってから“軽トラ暴走”箇所を周ろうと決定。

といっても白糠については詳しくありません。そこで観光案内に載っている「おすすめスポット」二箇所を周ろうと計画。


まずは公民館のスグ裏手にある「岬の森東山公園」へ。

期待していなかった分そこそこの見晴らしでしたがいかんせん天気が悪い!

N287-3.jpg

今日はロケハンなので天候はあまり気にしません。ガスがかかってなければ十勝方面へと続く海岸線が一望できそうですね。 

N287-4.jpg

それにしてもこういう場所に落ちている“ティッシュ”って一気にゲンナリさせられますよね(ー_ー;|||)



続いて「坂の丘公園」へ。

ここは「太陽の手」という白糠町のシンボル彫刻を中心とした公園らしいんだけど・・・

N287-6.jpg



公園って憩いの場ですよね?


この彫刻をぐるっと囲むように“ある物”が建ってるんです。


つい引っ張りましたが周りこんなんです・・・(ー_ー;|||)


N287-7.jpg


いやぁ~マジビックリしました。

観光案内に「おすすめスポット」として載ってて遊びに行ったら墓地ですからね(^_^;)

彫刻も何者かが手を伸ばしているようにも見えるし・・・


調べてみると元々墓地だった場所に彫刻を建てたらしいです。

だから公園ではなく“公苑”らしい・・・

地元の想いってのはあるのでしょうが通りすがりのイチ観光客としては複雑な心境でした。
 

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。