自転車始めました

Category : チャリ
健康診断で色々と指摘されたので自転車生活を始めました。

といっても通勤に使うわけではないのでたまに身体を動かすために導入。
当初は流行のクロスバイクとも思ったのですがあまりにもタイヤが細いので恐れを抱いてMTBに変更(^_^;)
GTのアグレッサー 3.0ってヤツです。


一番安いヤツのひとつ上くらいのランクで一応アルミフレームだよって機種。
自転車の知識は全く無いのでいきなり高級機に手を出すのは勇気が要りますから初心者にはこれで十分です。
上位機種との差額で必須アイテムも揃えなきゃいけませんしね。


で、某日に早速試走。

店頭ではグリーンが気に入ってコイツにしましたが自然の中では全く映えない事に気付く・・・。
N369-2.jpg


ウエストバックに荷物一式入れて走りましたがバイクと違って邪魔臭いっす。
ドリンクホルダーも同時に買えば良かったな。
N369-3.jpg


梅花藻を見ると癒されます。清流を泳ぐのは山女か岩魚かオショロコマか。
「釣竿持ってポタリングも良いなぁ~」と思ったんですが「それって小学生の自分じゃん!」と1人ツッコミ(笑)
N369-4.jpg

恐らく20年ぶりの超久しぶりの自転車。
とりあえず10kmほど乗りましたが心地よい運動量でした。
後日、筋肉痛にはならず一安心(まだ、そこまで衰えては無かった!)

習慣になるようにガンバリマス(笑)

森林浴ツーリング

Category : XR250
例年この時期は予定が立てづらいのですが突然ヒマになったのでまたもや林道へ行っちゃいました!

今回はバル1400さん、はろはろ村上さんと阿寒国立公園付近にあるメジャーな林道「飽別白水・フレベツ白水」をのんびり?トレッキングです。

集合前にお互い林道を数本走ってから飽別変電所前に着く計画だったのですが私は予定時間を15分ほどオーバー。しかし三人とも見事に同着(笑)。しかし、駐車はバラバラ
N370-1.jpg


この日は2週間以上続く長雨がようやく収まったものの生憎の曇天に時折小雨がパラつく空模様でどうなることやら。おまけにデジカメにSDカードを入れ忘れ、内蔵メモリでしか画像を残せなくなりテンションも下降気味
N370-2.jpg


さらにGoProもフリーズしていて飽別白水での前半は動画も残せず・・・ orz


これってナニか良くないことが起こるというフラグだったりして?

 ・ ・ ・

 ・ ・

 ・


な~んて、一部の読者様の期待を裏切るように頂上付近に向かうにつれ青空が見えてきました(笑)
N370-3.jpg


定番の撮影ポイントでは阿寒富士に一部ガスが架かってましたがこの条件でスポット的に晴れてくれただけでもラッキーでしょう。
N370-4.jpg


撮影ポイントを過ぎてスグの直線ではもう曇っちゃってます(^_^;)
N370-5.jpg


阿寒湖畔で昼食をとった後は鶴見峠からいくつかの林道を繋いで(名前が良く解らない)南下。
N370-7.jpg

N370-6.jpg


オフロードの楽しみ方は人それぞれだと思うのですが私は飛ばすのは条件のよい路面だけにしています。走り方も速く走るというより疲れない(アクションや衝撃が少なくてすむ)方法を選択しちゃいます。色々とそうせざる終えない身分なんです。もちろんガッツリ走りたい時もありますけどね。

また深い森や絶景に出くわすとついアクセルを戻しちゃう性格でもあります。メットの中で深呼吸したり、動物や大木を探してよそ見したり。だから良く転んじゃうんですが・・・(^_^;)
N370-8.jpg

今回は阿寒国立公園で森林浴的なツーリングとなり、忙しい合間に楽しむには私は疲れを残さない良いツーリングとなりました(意味深)( ̄ー ̄)ニヤリッ

ハイドレーションパック

Category : XR250
忙しくてしばらく乗れそうにないので前回使ってみたアイテムの感想なんかを。

私自身は「リュックなんてなんでも良いじゃん。」的なスタイルだったんですがバル1400さんがドイターのリュックを購入した際に「ハイドレーションパックも欲しいんだよね」みたいな事を言ってて、それを聞いても最初は「林道ツーリングくらいでは大げさ?」とも思ったんですが考えてみると水を飲むためだけにリュックを下ろすのって確かに面倒臭いというか行動リズムが崩れる事があるんですよ。

調べてみると自分のタイミングで給水できるってのも結構重要らしくて登山系ブログではハイドレパックによる小まめな水分補給は疲れにくい~という事が書いてありツーリング後には毎回一仕事控えている自分にとっては非常に魅力的なアイテムだった訳です。

で、購入したのは「モンスターエナジー リュック ハイドレーションパック」。


このリュック自体はオクやアマで低価格で売られているものです。本来付属するはずのハイドレパック本体はあまり評判が良くないのであえて付属しない所から購入。リュックの容量が解らないので現物が届いてから近くのスポーツ洋品店でEVERNEWのパックとチューブを現物合わせで買いました。

パックは900mlを選択。もっと大きいのも入りそうですがそんなに背負ってもウエイトになるだけなのでとりあえず様子見。チューブはバイトバルブ(飲み口)にカバーが付いていてホコリの付着を防ぐ仕様です。ちなみにペットボトルにも取り付けられます。
N368-3.jpg

パックを入れるポケットは断熱仕様になってます。気分的にチューブは横向きに出て欲しいなという気がしますが荷物入れたら膨らむのでぶつかるという感じはしないです。
N368-1.jpg


【感想】
気温30℃前後の中を5時間ほど活動。900ml用意したポカリは500mlほど消費しました。休憩タイム以外も鹿ゲートの開け閉め時、ルート確認時、移動中の直線などで喉が渇いたと思ったらすかさずチューチュー美味しく頂いてました(笑)。
N368-4.jpg

小型の保冷剤を一つパックの間に挟んでおいたので最後まで冷たいままでしたよ。今シーズン一番走った気がしますが疲れは今シーズン最小。ただしそれがハイドレーションパックのおかげかは不明。単に私が走り慣れた~とか手を抜き過ぎてる~とか他の要因もあるので(^_^;)

リュックの容量はやはり小さめ。デジカメ、スマホ、パンク修理剤、荷紐、おにぎり2個でほぼ一杯でした。ソロでトコトコ林道流すようなツーリングでは十分でしょうけどもう少し装備が必要な場合は役不足なので登山用のハイドレーション対応リュックを買おうかと悩み中です。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

だいじぇすと

Category : カメラ
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

木禽岳へ遠征オフ・オフ

Category : XR250
今回も林道ツーです。

いつまでもトランポ(軽トラ)を借りていられる身分では無い私とバル1400さんなので「返却する前に遠征しようぜ!」という事になり、せっかくなので北見のfogさんも誘って「オフ車でオフ会じゃ~」ってな事で行ってきました。
N367-9.jpg

fogさんとは「一緒に走りましょう」と数年前から言いつつも計画してはポシャって、計画しては流れて、な感じでなかなか実現しなかったのです。(偶然お会いしたりして面識はアリ)そのため数年越しの林道ツーリングとなりました。

今回散策する場所はバルさんの提案で木禽岳周辺に決定。



集合場所は道の駅あいおい。早朝にもかかわらず気温は既に26度くらい。涼しい太平洋側の住人にしてみると結構キツイ(ー_ー;|||) 先が思いやられます。
N367-7.jpg

林道へ入り、ちょっと標高が上がっただけですが雪がチラホラ残っています。初夏とはいえこの辺は先週まで雪が降ったりしていましたから意外ではありません。
N367-5.jpg

林道では大体バルさんが先頭でペースを作るので私はそれに付いて行ったり、マイペースに走ったり、今日の課題を試したりと何時もの様に適当に走っていたのですが初めて走るfogさんには「コイツ、ペースが一定じゃな~い!」なんて思われたんじゃ無いかと危惧してます。私、この後も仕事なんで体力使い切る訳にいかんのです(^_^;)
N367-4.jpg

暑いので水分が不足気味になった所で「(翌日開通予定の)津別峠が開通したらしい」との情報を得て自販機目当てにスキー場跡地から津別峠へと抜ける林道へ入りました。元スキー場だった所はゴンドラ乗り場もレストハウスも無くなって森に還されている途中です。
N367-3.jpg

開通したばかりの津別峠はようやく春が来たばかりのようで桜が咲き、ウグイスが鳴いていました。しかし頂上の展望台はオープンしておらず残念ながら撤収。
N367-11.jpg

津別峠からはほぼ同じルートで折り返して遠征林道ツーリングは終了。あいおいに戻ってみると温度計は33度(ー_ー;|||)バルさんに奢って貰ったコーラの美味しい事♪ トラブルも少し?ありましたがとても楽しい一日でした。fogさんまたご一緒しましょう! 今度は変なトコ連れて行きませんから~<(_ _)>
N367-1.jpg

そろそろ自我撮りに目覚め始めてます(笑)


重いけど綺麗なDailympotion版もついでに。

kikindake 投稿者 dm_52646b960d04e

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

HAL

Author:HAL
道東でELISEやXR250とまったり暮らすオッサンの日記的ブログです。基本的に年中無休で自由時間はごく僅かでも頑張って遊んでます。 運営方針

最新記事
コメントありがとう!
来園者数
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ