北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

チェックランプ点灯

エンジンチェックランプが点きました。




諸事情により某所でエンストしたのが原因だと思うのですが、チェックランプ慣れっこ(^_^;)のZUMIさんは専用診断機を所有されております。私も診断機を持ち歩いても良いのですが折角↓こんなモノを持っているのでアプリでなんとかしてみようかと。
【ELM327 アダプター】 ※過去記事
N273-1.jpg


定番アプリはTorqueなのでしょうが過去使用時にあまり良い印象が無かったので別の候補を検索していたら良さげなアプリ発見。
OBD Info-san!
N433-2.jpg


日本語のアプリでトラックログなども採れるみたいです。

表示もシンプルで自分好み♪
N433-3.jpg

某社製品用にも使われているくらいなので信頼性は高そうな印象を受けます。

おまけに紹介動画はコチラなんですが明らかにエリーゼ(笑)



ちなみに有料版じゃないと故障診断は出来ません。

エラーコードはP0133(ラムダ・センサー回路の反応が遅い)
エンストしたんだから妥当なエラーっぽいですがどうなのかな?。
N433-7.jpg


サクッと消して終了。
N433-5.jpg


ちなみにこのアダプタの難点は常時電源なこと。最近は挿しっぱなしに出来るon/offスイッチ付きの新タイプが出回ってて買い直そうかと思ってるんですがバッタモンが横行しているようなので注意が必要ですね。
(画像とは関係ありません)
N433-6.jpg

林道偵察2015

ボチボチ阿寒の山の雪も解けたようなので偵察に行って来ました。




今週はあらかじめ予定が立たない忙しさだったのですがなんとか時間がとれたので「ソロでコッソリ行こうかな~」と準備中にバル1400さんが「今日は何して遊ぼうかな?」とボソっと呟いていたので急遽召集!(笑)


いつもの林道入り口。
天気も良いし、乗らなきゃ損ってもんです。
N432-1.jpg


今回は即席チェストマウントで録画してみました。
臨場感があってイイ感じです(動画はまたいつか)。
N432-2.jpg


気になる残雪は山頂や日陰に僅かに残る程度。
スプレーを巻き上げて楽しみました(笑)
N432-3.jpg


いつものお山(左から阿寒富士・雌阿寒岳)も綺麗に見えましたよ。
N432-4.jpg


昨年はシーズン途中でハンドルやスプロケを変えたので違和感あったんですがオフシーズンでリセットされてからの乗り出しだったので”最初からこうだった”と違和感無く乗れた気がします。
それでもサスをリフレッシュして更にローギアなバル1400さんのXRに乗ったら別物なんですよね~。
(こっちは雄阿寒岳)
N432-6.jpg


休憩抜いたら3時間で100kmほど乗りましたが先週の自転車の影響もありヘトヘト・・・(x_x;)
そんな訳で手抜き記事でさっさと更新して終了!
バル1400さんがもっと詳しく、面白おかしく書くでしょう(爆

今年は昨年ほどは乗れないだろうけどボチボチ行きますわ~(・ω・)ノシ

脱ポタそして腰痛爆発

林道行くにはチト時間が足りない日曜の昼下がり。
アラフォー不健康男達(バル1400さん除く)がサイクリング(←ここ重要)しようかと郊外に集まりました。

そうです前回のようなポタリングではないのです。
私は昨年20km以上走れたので今回は加齢も考えずに25kmのコースを提案。
しかも峠あり!

自転車趣味の人からすれば鼻で笑われるレベルでしょうが毎晩晩酌して腹回りに貯蓄している私にとっては十分挑戦。
とはいえ体力の限界が来たらショートカットか引き返すつもりで計画してました(^_^;)



5ナンバーサイズのミニバンでもフロントタイヤを外せばなんとか2台積めました。
もう一台くらい積めるかもしれませんね(子供のMTBも買おうかな?)

撮影しようとしたらパタンと倒れた・・・。


湿原の中をノンビリと進みますが風が強い!
バル1400さんのチャリは11kgくらいのクロスバイク?で我々のペースでは物足りなさそうな感じ。
一方、不摂生’ズの三人はMTBで13kg以上なんですがこの2kgの差が結構・・・いやかなりデカイです。
N431-2.jpg


本日の山場のヒルクライムの序盤ではろはろ村上さんはリタイヤして引き換えしました。
1200RSさんもヒルクライム中盤でタイムアウトでリタイヤ。
私もかなりシンドイのですがコース設定した手前意地で登りました(^_^;)
N431-3.jpg


そんな苦労した者には爽快ダウンヒルが待ってます!
N431-4.jpg


登るときはヒーヒー言いながら数十分かかるのに降りるのは一瞬なんですけどね~。
帰りは追い風というのもあって割と楽チンに巡航できました。
とはいえバル1400さんには遥か後方に置いてかれましたけど(笑)
N431-5.jpg

ダメージとして腰~背筋の筋肉が固まってるようで回復しようとして寝ると余計に痛くなります。
普段使わない筋肉なんでしょうね。

MTBは段差を気にせず乗れるのが良いですがいかんせんスピードが出ません。
バルさんに併走しようとすると最高ギアでも不足します。

でもクロスやロードだとウチの車には積めないと思うんだよな~
(いつでも軽トラ使えるわけじゃないので)。

まぁ、次回があればポタリング&グルメ有りでゆる~く企画しましょう(笑)

洗車スペース確保

我が家の洗車場所は車庫から離れているので車両と洗車道具を移動するための往復が結構面倒くさかったりします。

最近注目を浴びている↓こういう物があれば車庫前で洗車して後片付けも楽チンだな~などと思うのですが現所有の洗車機が壊れていないので買い換えるのもナンだな・・・なんて悩んでいたところ「ウチの洗車機にタンクを繋げれば使えるんじゃね?」と思いつきました。
アイリスオーヤマ タンク式高圧洗浄機



まずは余計な泥水が跳ねないように廃棄予定のゴムマット(切れ端)を敷き詰めます。
我ながら貧乏臭いと思いますが一枚物は重くて設置が難しいんですよ。
N430-1.jpg


使っていなかったキャンプ用の水タンク(20L)を洗車機に繋げました。アイリスオーヤマの洗浄機のタンクは23~30L仕様なので20Lくらいで洗車が終わるのか?という実験も兼ねてます。
N430-2.jpg


結果的に20Lでギリギリ洗い終えるくらいでした。23Lあれば十分かもしれませんが30Lタイプはノズル類の収納もタンク内にできるのでできれば30Lタイプが欲しいですね。あくまで今使ってる洗車機が壊れたら~の話ですが。


そんな訳ですが今度はこの洗車機を車庫内に仕舞うのが面倒くさくなってきてます・・・(^_^;)
(扉の横に収納スペース作るかな?)

桜巡り

桜が終わってしまう前にドライブを~という事で近所をブラっと一周りしてきました。




釧路界隈だと桜の名所は別保公園や春採公園になるのでしょうがそれでは道程がつまらないので記憶に残っている場所を思い出しながら巡ってみる事にしました。
N429-1-3.jpg


スカッとした青空だったら桜の発色も綺麗だったのかもしれませんがこの季節はモヤがかかるのが常で快晴になる事はないですよね。
N429-2-3.jpg


“俺の車どやぁ!”って写真も良いけどthreetroy'sさんのように風景の中に車が佇んでいるような写真も撮りたいとも思ってしまいます。基本は日記的写真が好きなので自分には難しいのでしょうが。
N429-4-3.jpg



有名所に行けば良い写真が撮れるかも?なんて期待をしつつ、某菓子で有名な桜を見に行っても・・・
N429-8.jpg

実際に近づけるわけもなくモヤモヤしたまま撤収とかザラですし(^_^;)。
N429-6-3.jpg



まぁ、そういうトライ&エラーを楽しむことが趣味の醍醐味でもあるわけで深くは考えてないんですけど。写真映えするロケーションに出会う事がキーポイントだったりしますし。
N429-7-3.jpg


山頂以下はようやく雪が消えるかな?って段階まできました。
ボチボチ林道も開通するでしょうね。
N429-3-3.jpg


該当の記事は見つかりませんでした。