北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

エリーゼ復活への道 その3

ここ10日ばかり私事により自宅軟禁状態が続いてます。

ずっと天気も悪く、乗りたい欲望も湧かないのでこれ幸いにとエリーゼの補修に勤しんでますが。


が、繰り返すパテ砥ぎとなかなか固まらない樹脂にイライラしたりと段々飽きて来てます。

もうやっつけ修理で乗り出そうかな?
・・・なんて思ってしまいます(^_^;)

とはいえ欠損している部分もあるので修復しないとチリが合わない。
N445-2.jpg


無事だった反対側に型取り君を押し付けて・・・
N445-3.jpg


ここにFRP流し込めば治るかな?
N445-4.jpg

この型取り君はプラリペアにセットで付いてきたヤツですが100均のおゆまるという商品が似たような使い方ができるとか。

パテにせよ、FRPにせよ、固まるまで次の作業が出来ないので時間ばかり掛かりますな(ー_ー;|||)


そんな最中、友人から何やら贈り物が届きました。
早速ネコチェック(笑)
N445-5.jpg


中身は真鯛。
本州の友人がずっと狙っていてやっと釣れたそうです。
沢山釣れたのでおすそ分けを送ってくれました!
N445-6.jpg

北海道ではまず釣れませんから食べる習慣もあまり無いですね。
回転寿司か供物くらいでしか目にしません(笑)

とりあえず“蒸し”と”焼き”で食べましたがムッチリとして美味しかったです。
残りは鯛めしの予定♪


さあ、塗装までもう少し頑張ろう~

夏だね

やっと夏が来た!

・・・と思ったら一気に来過ぎ。

北海道人にこの温度は地獄よ(笑)



車庫で作業しても汗が目に入って痛い(^_^;)

でも早く乗りたいので我慢しつつチョコチョコやっとります。
ミラーにも毛が挟まってたので分解。
N444-5.jpg


ボディの方は単純なクラックはプラリペアで修理(○部)。
裏表やらなきゃならないけどプラリペアは勝負が早いので好き♪
N444-2.jpg

残る箇所(○部)はFRP補修が必要なんですが作業に適した気温低めの日を待ってる状態です(^_^;)

改めて見るとガラスが直った今、この程度の損傷では”鹿とぶつかった”というのは信じてもらえない気がします。
クラックが入った箇所は表からは見えない灯火類のハウジング(材質PE)部分が大半ですから。
まぁ、焦ってもしょうがないから嫌にならないペースでノンビリやる予定。


しかし、暑いと夜のビールが旨い!
久しぶりに一人BBQ~♪
N444-3.jpg


お星様~を見ながらキャンプ気分。

とはいえ、殆ど動画見ながら飲んでるんですけどね(^_^;)
N444-4.jpg


飲み過ぎてウェイトがヤバイ・・・。

トークイベントへ行く

先日、「小林夕里子さん×安藤誠さんのトークイベント」に参加してきました。

といっても堅苦しいものでは無く、安藤さんのロッジで開催された牧歌的なイベントでした。



小林さんがライターとしてスタートしたのは安藤さんのロッジを訪れた事が切欠だったそうです。
今回はサハリンツーリングからの帰宅途中に旅の相棒BMW R80G/Sと共にやってきました。

後ろにあるのは安藤さんのアフリカツインです。
こんな二台に乗る御二方のトークイベントなので興味無いわけが無いっ!
N443-6.jpg


なんて言っといて実は10日くらい前に1200RSさんに教えてもらって初めてイベントを知ったんですが(^_^;)

もちろんバル1400さんも誘ったんですが・・・あの野郎、誘ったの忘れて当日昼真っから飲んだくれてやがりました(爆

というわけで1200RSさんとXR&CRMでナイトツーリングしながら会場へ向かいましたとさ。


トークイベントのテーマは海外ツーリング・バイク・旅・アウトドア・自然・etc・・・
お二人が撮り溜めた写真をスライドショウしながらのトーク。

見慣れない海外ツーリングの模様。
安藤さんの迫力ある写真の数々。
など飽きることなくトークイベントは進みました。

ただ、「あなたはバイクに全く興味ないだろう?」という方達も多くて、そのギャップを埋めつつのトークがちょっと歯がゆかったですね。その辺は田舎だから仕方ないですが。
N443-2.jpg


安藤さんとはかなり以前より顔見知りだったんですが最近は特にお忙しそうで、久しぶりの再開にも関わらず私の顔を覚えてくださりました。
ガイド・講演会と世界中を飛び回ってお忙しいのですが更にネイチャーズベストフォトグラフィージャパンコンテストとかいう権威あるコンテストに入賞して作品がスミソニアンに飾られるとか(スゲー!)

小林さんの事は正直最近まで知らなかったのですが(^_^;)小柄な見かけによらずガッツある魅力的な女性でした。
もちろんこの夜にファンになりましたよ♪
N443-3.jpg


そして、以前よりファンだったこの方は・・・

こんなお願いを(笑)

N443-5.jpg


結局、イベント終了後も安藤さん・小林さんを始めスタッフや他の参加者さんともお茶しながら話し込んで最後まで居座っちゃいました。

帰宅したの11時過ぎてた(笑)
でも、バイクのこと沢山話せて楽しかったぁ~。
また、こんなイベントあると良いな。

夜討ち朝駆け

夜更かし族の妻が眠りに着いた直後にベットから這い出しXRに跨りました。

某所の山中で日の出を拝んでこようという計画です。
といっても休日ではないので正に”朝飯前”のプチツー。

さすが夜間はキツネ、リス、ネズミ、ヘビそして多数の鹿など野生動物のオンパレードでした(^_^;)




本当は函岳でも行けたら最高なんでしょうけどそんな身分ではありません(泣
近所のお山で我慢、我慢。


しかし!
出掛けに余裕ぶっこいてコーヒー飲んでたら山頂に着く前にお日様が顔を出してきてしまった!(^_^;)

N442-3.jpg


雲海が出てたらタイムラプスでも撮ろうかと思ったんですが遠くに見える平野部にしか霧は出ませんでした。
ちょっと残念だけどコレだけの景色が見れたので満足♪
N442-2.jpg


以外だったのが標高が上がるにつれて気温も上がってた事です。
山頂は蒸し暑かったですね。

あの山じゃないですよ(笑)
N442-4.jpg


帰路は標高と共に気温も下がり気持ちよく走れました。
あんなに居た動物もほとんど消えていました。

N442-5.jpg

さて、北海道もようやく暑い夏がやってきました。
日中は走りたくないほどですね(^_^;)

結局いつもの飽別へ

”地図を眺めていて少しだけ気になった場所”を巡るツーリングの続きです(笑)

滝を見た後は数百m隣の雄阿寒岳登山口である通称”滝口”に移動。
登山趣味ではない限りあまり近づかないポイントだと思います。
N441-4.jpg
 

デッキが設置してあり登山客以外にも対応しているポイントなんですがいかんせん知名度がありません。
遊覧船のコースではこの入り江でUターンするのが見所なんですけどね。
残念ながら雄阿寒岳は雲に隠れてましたが紅葉の時期にまた来てみましょう。
N441-5.jpg

N441-3.jpg




その後、未走破だった阿寒湖畔温泉街からの湖畔林道(旧国道241)を通過してオンネトー方面へ。
(フラットダート過ぎて写真無し)

5年前に捻挫してたどり着き、その看板だけ見て帰ってきたという(笑)
自分にとっていわく付きの白藤の滝をついに見てきました!
N441-10.jpg

秘境感満載でしたね~。
流れているのは温泉水らしく雨上がりでもないのに茶色に濁ってました。

そして、ここで写真の右下にも写っている某有名飲食チェーン店勤務の・・・
え~と、名前聞かなかった(汗)
とりあえず”ワ●ミ”さんとしておきます(笑)

そのワタ●さんとご一緒になりました。
(クマが怖い場所だったので渡りに船だったのはナイショ)

聞けばやはり転勤が多いらしく、今回も北海道を離れる事になったのでラストツーリングとして道東などを周っているそうです。

気ままな一人旅。

良いですね~♪



ここでお会いしたのも何かの縁?


折角なので・・・


いつものポイントへご招待っ!

N441-11b.jpg


気温が低いせいか稀に見る空気の澄み具合。
阿寒連峰がいつもより綺麗に見えました。
N441-12b.jpg


しかし、この手のお誘いは●タミさんにとって計画変更になる訳ですからこちらも余計なお世話などと考えてしまう所もあるんですが北海道ラスト(と決まった訳でもないでしょうが)と聞いて近場に絶景ポイントがあるのに黙って見過ごす事が出来ませんでした(汗。

ワタ●さんお付き合いありがとう御座いました!

今頃は宗谷岬かな?
良い旅を!
日本全国どこへ行っても頑張ってくださいね。

てな訳で見所あり、出会いもあり、で楽しいツーリングでした。

該当の記事は見つかりませんでした。