北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックバイクを見に行こう

数年前、帯広市内にクラシックバイクの私設博物館がオープンした事は聞いていたものの、やっと訪問することができました。




高速無料区間を利用して十勝エリアへ。

いよいよエリーゼにETC付けようか悩みます。
利用回数考えるとアレなんだけど料金所で精算するのもねぇ・・・。

N487-2.jpg


5月末だというのに気温が上がらず寒い。
なのでオープンにせずに博物館へ。

十勝エリアは畑作が盛んでこの時期は土埃もすごいのでクローズドで正解でした。

N487-11.jpg


大正二輪博物館到着(某マップより)
帯広市内とは言ったものの大正地区というのは帯広空港に近く、かなりの郊外。

N487-12.jpg


左側は牧野燃料店の事務所になっていて右側約2/3が展示スペース。
さっそく事務所にいたオジサンに入館料¥500を払って見学。

撮影NGと聞いていたので先に確認したところ

「そうなんだけど皆撮っちゃってるしねぇ・・」
「まぁ、いいよ」

と、なんだが「遠いところから来たので無下に断りずらい」的な感触を受けたので数枚だけスマホで撮らせて頂くことにしました。

N487-4.jpg

N487-10.jpg

N487-3.jpg


ラビット、陸王、トーハツなどのオールドタイマーなマシンから80年代のレプリカやミニカー、自転車など幅広い展示内容。

オープンしたては見学者も多かったそうですが最近はかなり少ないとのこと。
気になる人は早めに訪問しておいた方が良いかもしれませんね。


ところで事務のオジサンがエリーゼに興味津々で、

「あれ、どこの車?」
「なんシーシー?」
「早いの?」
「いくらするの?」

ず~っと質問攻め。

帰る時も「エンジン音聞いちゃお♪」とお見送りしてくれました。

どっちが見学者だよ!(笑)



本日のミッションをクリアしたので帯広市内でお土産を買って帰宅する事に。

と思ったら市内へ向かう途中に愛国駅発見。
幸福駅は何度も行ったことありますがコチラは初めて。

N487-7.jpg

N487-9.jpg

N487-8.jpg

ハッピーな駅名にクラシック時代のカップルは時めいていたのでしょうが現代の若者はどうなんでしょうね?
SLとか置いてありましたがこないだ見てきたばかりなのでサッと見学して終わり。

市内に近づくと気温も上がり、オープンに。

N487-5.jpg


本日の裏ミッションであった【wakaさんのアジトに凸】を実行(笑)

美味しいコーヒーもGET。
突然の訪問すみませんでした。

N487-6.jpg


帰りはしばらくオープンで頑張ってみたけど13℃で高速はキツイので途中で断念。
思ったより気温上がりませんね~。
ドブ汗アタックする人達には良いのでしょうが(笑)

N487-13.jpg



スポンサーサイト

シュンク外周アタック

結果的に?シュンクシタカラ湖の外周アタックに行ってきました。

これは途中にあった三段の滝。
N486-1.jpg


とはいうものの道中の静止画がほとんど無いのでまともな記事は書けません(爆

バル1400さんが記事化しているので詳細はそちらをご覧ください。<(_ _)>

すぐに取り出せる位置にデジカメを準備することを考えた方が良いかなぁ・・・



さて、シュンクまでは車でも行ける安易な場所なのではろはろ村上さんを誘ったんですが誘った後に「状況次第では(廃道となっている)外周アタックもありだね。」とバル1400さんと相談していたのはココだけの話。

更にシュンクシタカラ林道は崖崩れが頻繁に起きるので想定外の事がおきるかも?
(実際に通行止めとなっていたようで、我々は逆サイドから来たので看板はありませんでした)

昨年のラストツーひどい目に会わせて予定外の行動になってしまったので申し訳ありませんでした。


途中でかなり不機嫌になっていたようで?内心ビビってたんですよ・・・。
以後、気を付けます。



まぁ、初夏の森で爽やかな汗をかけたと思い込みましょう!(爆




試走 その2

ThiEYEカメラの設定を再度変えて試走。

ついでにいつも走ってる林道の支線を探索。




アソコとアソコが繋がってムフフな光景が見れるかも?

・・・なんて期待して走りまくるも急斜面だったり谷を挟んでいたりで新ルートは見つからず。

地図上の妄想なんで簡単には実を結びませんね。

N485-4.jpg


それにしても暑い~

湿度が低いから走ってると涼しいけど。

N485-1.jpg



原木の陰で一休み。

原木の気化熱で涼しいのと木材の臭いで(ピネンだかリモネン)が疲労回復倍増でしょうか。

クマに襲われても上に逃げれるし(汗

N485-2.jpg



春どころか初夏が一気にやって来た北海道。

辛夷と桜と李がいっぺんに咲いてます。

N485-5.jpg

試走 その1

前回曇ってしまったカメラのバックドアを開放タイプに交換してテスト走行。

N484-1.jpg


同時に初期設定では白トビも激しかったので露出を-1.0に設定。

ちょっと暗かったかな?
また設定を変えて走ってみます。




ちなみにThiEYE I60の写りはGOPRO HERO3より劣ります。
バッテリー替えると設定も日付も戻るし、安いのだけが取柄。



林道を走ってると斜面に山桜が咲いてました。

ソコへの廃道っぽいアプローチがあったので突入してみましたが川渡りする羽目に・・・。

N484-3.jpg


なんとかたどり着いたんですがそれ程の桜ではなかったかな?

N484-4.jpg

近くで見ると満開。

N484-6.jpg


N484-5.jpg


帰りに鶴居にオープンした「つるぼーの家」という地場産ショップでさくらジェラートを食べてきました。

N484-9.jpg

鶴居はわりとバイク乗りにとって休息ポイントなのでツーリング途中に気軽にアイスが食べられる施設がようやく出来たって感じですね。

春も嵐も

家の周りでも桜が咲き始めたので車検上がりのエリーゼで花見にでかけました。

満開ポイントを探しての桜前線捕獲大作戦なのであります。




といっても道路わきの桜を眺めつつオフシーズンに目を付けていたポイントへ向かおう~というアバウトなもの。

向かったエリアはストレートの宝庫、別海方面。

エリーゼには退屈な場所ですが乗り出しなのでのんびり走りたい気分なのです。

N482-1.jpg


実際に別海エリアに入ると暑くてオープンですら止めようと思うような陽気でした。

しかし、あまり桜が咲いていない?

そうこうしているウチに目的地の鉄道記念公園に到着。

まぁ、公園というからには桜の木くらいあるだろうと予測していましたが・・・全く咲いてませんでした。 orz

N482-2.jpg


桜前線を何処かで追い越してしまったようですね。


気を取り直して記念公園へ。

室内展示は頻繁に行っている赤いベレーの鉄道と炭鉱の資料館とさほど大差なしでちょっと残念。

でも、色んなタイプの保線用軌道車(トロッコ?)が見れたのは良かったです。

そのうち新得のトロッコも乗りに行きたいなぁ。

N482-3.jpg

N482-4.jpg


さて、今日のメインであるD51の見学。

鉄オタじゃなくても日本で最も生産された車両くらい見ておきたかったんですよ。

N482-5.jpg


でも、保存状態はあまり良くない感じ。

N482-6.jpg


ここで機関車正面で撮影していた私の心に春一番が吹き込みました。


碌に見学もせずウロチョロしていたオバちゃんがサササ~私の前へ。

当然フレームイン。

なんでこのタイミングで来るの?

おばちゃんコッチに気づいてるくせにスマホで連結部分やプレートを撮影し始めました。

撮影してるの解ってて入ってくる図太さはなんなんでしょうね?

私が撮影してるのなんて2分くらいですよ?

機関車の横や遠方ならしょうがないけどさ、なんでカメラの前にワザワザ入るの?

それくらいの順番は守りましょうよ、他に誰もいないんだから・・・。



またまた気を取り直してキハ22へ。

極寒地用の耐寒仕様車らしいです。

これも【タラコ】って言うのでしょうか?

N482-8.jpg


D51も良かったんですが初めて見たラッセル車の方が印象が強かったです。

その力強いイメージとは違って実物は思ったよりスマート。

下部を除いて見たらコレって自走できないんですね。

自らの力ではなく機関車に押してもらってラッセルしてたなんてチョット驚きでした。

N482-7.jpg


結局、別海エリアに桜前線は未だ到達せずのようで。
(今頃は満開だと思いますが。)

もう少し近所で良い場所を探してみようかな?

N482-9.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。