北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

セルモーターの整備

(※ 2/26 追記)

一昨年よりセルが不調で約50%くらいの確立でモーターが回らない状態が続いていました。

最初のキーオン時は「カチッ」とだけ聞こえて「シーン・・・・」(ー_ー;|||)
しかし二回目のキーオンで何事も無かったかのようにエンジンが掛かるのであまり気にしてませんでした。

隊長や7オヤジさんに聞いてみたところ「電圧低下かマグネットスイッチの接触不良あたりだろう」との事。
そこでとりあえずバッテリーを取り替えてみたものの症状は変わらず。
さらに情報を集めてようやくこの度の整備と相成ったのでした。

ちなみにエリーゼのセルは赤丸の位置。



インテーク類を外しても各種パイピングが邪魔で取り付けボルトへのアクセスはしにくいですが
トランクルームに工具置きながら作業できたりするので思ったより楽だったりします。

下側から見るとこの位置。
私の持ってる工具類では下からは厳しいですね。

N267-2.jpg


とはいえボルト二本で付いているだけなのでサクッと外して動作チェック。

N267-3.jpg

何度試しても問題なく回ります。
走行距離2.3万キロの車体なので本体が逝ってる可能性は低いかも?

セルモーター外での接触不良が原因でしょうか?
確かに端子には白いカビのようなものが発生していました。

折角なので簡単に分解清掃を~とマグネットスイッチを外しているときにネジを舐めてしまいました orz
素人のイジリ壊しの見本ですね。

N267-4.jpg


エキストラクターは持っていますがどうせボルトがダメになるなら
頭をさらった方が早いのでドリルでガリガリと削りました。

N267-5.jpg


マグネットスイッチ本体はカシメてあるのでコレ以上の分解はリスクが跳ね上がります。
なので再発した時に手をつけることにし、その他の部分を清掃&グリスアップです。

N267-6.jpg

意外に内部は樹脂のパーツが使われていてびっくり。


グリスアップしたお陰で作動音が軽くなりました。

N267-7.jpg


(以下、追記)

後日気に入らない部分があったので再度バラして組直しました。
その後セルを戻して始動テスト。

初爆が一瞬で来て即効エンジンが掛かりました(笑)
これまでエリーゼのクランキング自体が長いとは思いませんでしたが
これだけ違うとなるとやはり配線で電圧降下していたのかもしれません。

(コンデジだと排気が上手く撮れない・・・)
N267-8.jpg

何度かエンジンスタートを試しましたが「カッチン病」は再発せず!
これで今シーズン気持ちよく走れるハズでしょう(^_^;)




追伸

いつも当ブログを御覧頂いている皆様、ありがとうございます。
コメントを下さる方には重ねてありがとうを言わせて頂きます。
こっそり下さる方にも(^o^)

2 Comments

sho says..."No title"
おそらく端子の接点なんだろうね。
俺ならそこで終わり。
ここから分解清掃するのがHALさんだねw

2013.02.25 17:55 | URL | #- [edit]
HAL says...">shoさんへ"
> おそらく端子の接点なんだろうね。
> 俺ならそこで終わり。
> ここから分解清掃するのがHALさんだねw

せっかく外したから清掃とグリスアップもやっといたよ。
でもボルト外すだけだから難しくないよ。
ナメたけど・・・(ー_ー;|||)

Zは整備製良さそうだね
端子磨くだけでも違うと思うよ~
やってみて。
2013.02.26 11:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://elise111s.blog46.fc2.com/tb.php/405-c4c30333
該当の記事は見つかりませんでした。