北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北見へ 2

ビッグバイクフェアを見た後はちょっと北見を観光して帰ります。

旅風ハイパースポットガイドから北見市内のスポットを二箇所ほどピックアップ。まず選んだのは北見ハッカ記念館です。おそらくベタなスポットだと思いますがこれまで来た事がなかったので。

一時期は世界のハッカの7割を生産していたという北見の薄荷。そのホクレン工場も今はこの記念館を残すのみ。



この記念館はかつては研究棟だったそうで色々とアナログなメカが残されていました。
N353-8.jpg


ところでハッカといえば私が連想するのは「ハッカ樹氷」。
N353-11.jpg

その昔、ウチの親父達がオホーツク方面へ遊びに行くと必ずといっていいほど持ち帰るお土産でしたね~。でも正直に言うと苦手です・・・(ー_ー;|||)甘納豆は大好きなのに「なぜハッカをコーティングするんだよ!」という気持ちで悲しくなります(ミント好きな方スミマセン)。ちなみにハッカは食べるだけではなくメンソレータムの原料となるそうです。

隣の蒸留棟は色々なタイプの蒸溜器が展示されていました。観光シーズンになると実際に蒸留の実演も行われるそうです。
N353-9.jpg

蒸留棟には売店も併設されており折角なのでミントタブレットのメンタブを購入してみました。ミントは強いのですが刺激が少なくマイルドな味わいでしょうか。帰路の眠気覚ましに丁度良いですね。
N353-10.jpg


お口をスースーさせながら次のポイント、ピアソン記念館

こちらは比較的マイナーなスポットですかね?。少なくとも旅風ハイパースポットガイドを読むまでは名前すら聞いた事がありませんでした。開拓時代のピアソン氏という宣教師の住宅だったそうです。歴史の浅い北海道の数少ない歴史建造物という事に興味が湧き訪問してみました。
N353-5.jpg


伝道活動資料の他に北見ゆかりの文化人の資料なども展示してあります。洋館の独特の造りが良い雰囲気です。高台にあるため住宅の少ない当時は見晴らしも素晴らしかったのではないでしょうか。
N353-6.jpg

この建物はウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計したそうで調べてみるとなかなかの大人物のようです。色々な顔を持つ彼ですが特にメンソレータムを日本に広めたりなんかして本日の観光地がまさかのハッカ繋がり(笑)。

ようやく北海道もシーズンインになりそうですがこのように今年も地味な場所を巡っていこうと思っています。

-4 Comments

fog says..."北見観光"
北見に住んで24年。実はどちらの建物も入ったことないっす(^^;)

ピアソン記念館は以前は歩いて5分程度のところに住んでいたんですが。

よくあることですよねw

2014.04.10 21:43 | URL | #tHX44QXM [edit]
HAL says...">fogさんへ"
私も湿原展望台に入ったことないで~す(・∀・)/

勝手丼食べた事ない人、マリモ見たこと無い人・・・などなど良くある事です(笑)

2014.04.10 21:59 | URL | #- [edit]
竹ノ本秀麿 says..."No title"
こーゆーミュージアム系は好きですね。
機会があれば、行ってみたいところです。

ハッカは苦手ですが…。(笑)
2014.04.12 23:27 | URL | #- [edit]
HAL says...">竹ノ本秀麿さんへ"
派手な観光地は苦手になりつつあります。

歳のせいですかね?(爆

本州のようにカッチョイイ施設や有料道路や桜並木があれば良いのですが。
2014.04.13 21:54 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://elise111s.blog46.fc2.com/tb.php/507-89f3add3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。