シフトランプ ③

Category : シフトランプ
カーボンにせよシールにせよカバーの仕上げは
固定用ボルトの穴を開けてからになるので
次は中身を作ります。

なにせ週末には遠出が控えているので
急いでメーターを戻さないとなりません。


まずはメーターまで来ているはずの回転信号を探します。
情報どうりコネクタのA4番(白/黒線)がそのようです。

(※画像は別の信号です)



拡大してみるとこんな信号でした。
fc105-2.jpg

ハイレベルの電圧は12Vです。
どうもクランク1回転につき4発の信号が出ているようです。

この信号1発の長さを読み取って
PICで回転数を計算してLEDを点灯させようという計画です。

PIC」っていうのはICの一種で
自分で作ったプログラムを書き込んで稼動させることができるモノです。
FRP同様にコチラも初めて使いますw



↓コチラが開発環境(というほど大げさじゃありませんが)になりますw
  画像中央の基盤がPICにプログラムを書き込むライターです。
  右側は自作の100V→5V電源と試作用のブレッドボードです。
 fc105-3.jpg

PICのプログラムはDOSで作りますw
おまけにライターはシリアルポート接続です(;^_^A
ですんで大昔に使っていたWin98マシンを引っ張りだしました。

大げさに見えるかもしれませんが実際の回路は部品点数も少なくシンプルなものです。
PICでLEDを点灯させるというのは皆さんよくやっている事のようで
ネットに情報はあふれています。
そうでなければ作る気起きませんって(;^_^A

プログラムも入門書を2/3も読めば作れます。
もちろん初めてなのでトライ&エラーを何十回も繰り返しましたよ。
(PIC2コを金属疲労でダメにしました(´_`。))



んで、2日かけて何とか形になったのがコチラ ハァハァ(;゚ー゚)=3
fc105-4.jpg
部品代だけだと1000円くらいw

表示方法は500回転ごとに1コづつ点灯します(6000回転で赤LED三つが点滅)
●●●●●●●●●●

で、ふと思った。
「これじゃあタコメーターじゃねえの?」ってw


ホントはF1みたいに紫のLEDを使って三段階表示にしたかったけど
紫が手に入らなかったってのと時間が無いので
オーソドックス?な表示でとりあえず作って見る事にしたのさ~

どのみちバージョンアップさせる予定なので(言い訳)

ちなみにノイズの事とか考えてないし、
回路もコレでよいのか自信はありませんw
こんなもの「玩具」で「遊び」ですから(;^_^A

さて後はカバーの仕上げだな~
カーボンは無理w

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

Comment

工作上手w

この辺りの作業さすがですな~

DIYと一言でいっても、ここら辺はやっぱり敷居が高いといいますか。

たいしたもんですm(__)m

スゲェ…

まさに「できる人」ですね。スゲェ…

>バル1400さん

ビアンキの頃から実はコレが作りたかったんだよ。
必要な道具と知識とやる気が揃うのに10年以上かかっちまったw

誰でも10年かければ出来るっしょ?
誰もがやろうとしないだろうけどね(;^_^A

>ZUMIさん

車に対する接し方は人それぞれだから
みんな自分の興味ある部分でスキルアップしていけば良いかと。

整備、工作、知識、洗車、人脈などなど得意分野を磨いて
困った時に仲間内で助け合えば良いと思ってます。

で、オイラは誰もやらないような部分を攻めてるワケwww
非公開コメント

プロフィール

HAL

Author:HAL
道東でELISEやXR250とまったり暮らすオッサンの日記的ブログです。基本的に年中無休で自由時間はごく僅かでも頑張って遊んでます。 運営方針

最新記事
コメントありがとう!
来園者数
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ