北海道養蓮園日記

テクもチカラも無いけれど興味だけは人一倍なおっさんの車とバイクを中心としたリアルガタピシ生活。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアカウル外し

東京は桜が満開だそうですが釧路は今↓こんなです・・・。





さて、エリーゼのドライブベルトはエンジンの右側についてます。
この状態で交換自体は可能な感じですが両サイドに着いてるタイミングベルトやウォーターポンプの状態が判別できないのでリアカウルを外すことにします。

N531-1.jpg


フロントカウルを外したエリーゼ乗りはソコソコ居るんですがリアカウル外した記述は少ないので忘備録的にも作業手順を記録しておきます。



・両シート、リア内張り、トランク内張を撤去
・バッテリー、サブコンのカバー(緩めるだけでOK)、リアライト配線などを外す。
・タイヤハウスカバーを撤去し、両サイドのカウル内に止めてあるケーブル類、バキュームタンク、ウオッシャータンクなどを外す。

N531-4.jpg


・ラジオアンテナ配線を外す。
・エンジンフードヒンジ部分のボルトを室内側から外す。

これでエンジンフードが取れる。
N531-3.jpg


ウインドウシュラウドの固定ボルトは①ロールバー側から、②タイヤハウス側からそれぞれアクセス。
ウェザーストリップを剥がして③幌の固定金具も外すとウインドウシュラウドが外れる
N531-2.jpg


①トランク内は下に向かって6本くらいの固定ボルトがある(一部バッテリーの台座とも共用)
②遮熱板に固定、③は室内側から、インテーク横④は2本(スペーサーあり)。
N531-5.jpg


最後に忘れずに燃料キャップ周りの8本のボルトもすべて外す。

これで大体終わりかな?
作業中は没頭しているのでうろ覚え、間違ってたらすいません。

そして、嫁さんに手伝ってもらい、ついにカウルを外す!


なんとなくタイヤを再装着(笑)
これぞ“キットカー”っていう感じですね~

N531-6.jpg

カウル自体は重さ的に一人でも持てそうでした。
サブフレーム上にもスぺーサーが乗っているので忘れずに。


カバーを開けてみたところタイミングベルトは大丈夫そうでしたが一応発注。
もちろんその他もろもろと共に。

しかし、汚れまくってるのでまずはフレームの清掃から始めます。

-2 Comments

はろはろ村上 says..."かっけー!"
なんかGTマシンのピットにいるような風景!かっこいいわ~
重メンテ時はカウルを外したらたいていの作業はできそうですね。

つくづく面白いクルマですね、エリーゼって。
2017.04.22 15:57 | URL | #- [edit]
HAL says...">はろはろ村上さんへ"
基本はキットカーですからね。
本国の工場では有料で自分で組み立てできるそうですよ(笑)

セブンなんか組み立ててみたいですよね~
2017.04.22 19:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://elise111s.blog46.fc2.com/tb.php/698-6b53b6f6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。