FC2ブログ
最新記事
コメントありがとう!
来園者数
プロフィール

HAL

Author:HAL
北海道の道東で車やバイクに乗って遊んでるオッサンの日記的ブログです。年中無休で働きつつも頑張って遊んでます。ブログのデザインはしょっちゅう変えます。運営方針

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ

ざっくり日本一周5 徳島~愛媛

忘れないうちにどんどん書くよ。

5月12日(土)

【南海フェリー5時35分発】にて徳島へ渡るため二時間ほど前にターミナルへ行く。

予約不可、大阪から近いうえに週末という事もあり気合を入れて行ったが乗船車両は居なかった・・・。


窓口で受付しようとしたら無下に断られた。
「受付時間はそこに書いてるだろう、まったく・・・」的な態度で腹が立った。

他のフェーリー会社のように窓口を閉めるか、休止中とでもプレートで置いてくれればいいものをアチラさんとしては斜め上に解りづらく吊るしてあるプレートが表示義務を全うしているつもりらしい。
しかし、前の客も後の客も同じように続々と受付を断っている状態は問題がドコにあるか考えてみたら良いと思うが・・・。

いらぬ問答をさせることで夜勤担当者を眠らせない会社の方針なのかもしれないと解釈(爆)
(スマホで遊んでいるのを邪魔すんじゃねーよと見えたが)
待合室のパンフレットを熟読し、ゆっくり四国のプランを練ることにする。


1時間もすると夜が明けてきたので裏手にある電鉄乗り場に行って記念撮影
サイコロ2のラストシーンだね。
N587-2b.jpg

木が生い茂っちゃってて同じアングルは難しい。
N587-2.jpg


そんな他人には理解されない遊びをしていると受付が始まったようで結構な人が並び始めていたがスムーズに処理は進まない。
どうやらHP印刷持参で割引があるようなのだが、それに何人もダメ出しをくらっていた。
「印刷の仕方がダメ」だとか「スマホには対応していないからPCで印刷しろ」とかで、数人と揉めている。今時PCオンリーとか何のためのウェブ割引なんだろう?

先の受付表示にしろ、たまたま今日だけの問題とは思えないんだけどな。
とにかく自分たちの方法に問題があるとは思わない企業なんだとある意味で感心した。

イラつきながらもようやく乗船。
バイクは他に3台ほど、通勤だったり釣りに行く感じの人達。
フェリー代¥3900



7:30 徳島上陸。

まず向かうは徳島駅前。
サイコロ2で大泉が徳島一泊をGETしてミスターと抱き合った場所。

N587-5.jpg

この辺りは”ついで”です。
N587-3.jpg



そして鳴門市の【四国八十八箇所 第一霊場 霊山寺】へ

一番札所だけあってお遍路さん、観光客、地元の人など沢山の人であふれていた。
お遍路さんは欧米の人も多く、トレッキング感覚なのかもしれないな~と感じた。

N587-4.jpg

水曜どうでしょう 絵はがきの旅 より
N587-6.jpg

駐車場でお土産をパッキングしてると”アメちゃん”を貰った。
これが「お接待」というやつか。
本堂も参拝しない観光客なんで申し訳ないと思いつつありがたくお気持ちを受け取る。



さて、鳴門といえば渦潮。

遊覧船は時間が(料金も)かかりそうだったので 渦の道 エディ から見ることに。
大鳴門橋の下の遊歩道から渦潮を眺める施設。
駐車料¥200 入場料¥510

先端の展望デッキまではそこそこ歩く。
N587-7.jpg

タイミングよく干潮の時間に訪問出来たので迫力の渦潮を見ることが出来た。
N587-7b.jpg

N587-7c.jpg

船から見るより全体像が解って良いかもね。
N587-7d.jpg



さて、前もって緻密に計画立てていたのはここまで。

ここから内陸へ(スーパー林道方面)に向かうか、瀬戸内海を攻めるか(笑)悩んだ末に・・・




香川へ!

国道11号は交通量も少ない海沿いの道を快適なスピードでぇ~♪ツーリング(笑)
N587-9.jpg


ちくせい 本店
かなり昼は過ぎていたので並びは10人ほど、コシがすごい!
立ち食いでわちゃわちゃと賑やかに(あっという間に)食べる、これぞローカルファーストフード。

うどん1玉¥220+半熟卵天¥120
N587-8b.jpg


山田家
こちらは並ばずに入店。
綺麗な庭園を眺めながら座敷で落ち着いて食べる事が出来て良い。

釜ぶっかけ¥570+かきあげ¥420+卵黄¥60
N587-8d.jpg



名店二つを巡って大満足したあとは屋島へひとっ走り。
数年前に有料道路が無償化されたらしくナビはまだ料金所がどうのこうの言っていた。

断崖絶壁の上には屋島寺と観光施設があり、なかなかの絶景。
あまり予備知識なく行ったもんだから予想外の景色に感動。
N587-11.jpg

もちろん屋島寺も散策した。
(同じような寺の写真なので割愛)
N587-10.jpg

この屋島寺へと登るドライブウェイの途中にミステリー坂と呼ばれるポイントがある。
写真で見ても登っているように見えるが実は下っている。
N587-12b.jpg

もちろんニュートラルにしてRALLYが坂を登っていくのを楽しむ(笑)
N587-12a.jpg


夕暮れになったので今夜の宿泊地へ向かったがキャンプ場へ着いてみると荒れ果てて使えない状態だった。
しかたがないので先に晩飯と風呂だけ道中で済ませて出来るだけ次の目的地へ向かって走ることにする。

夜も更けた頃に「道の駅たからだの里」近くの建物の軒先をキャンプ地にさせていただいた。
道の駅は一晩中エンジンを掛けるキャンピングカーとやんちゃなバイク少年達がずっとボーイズトークに花を咲かせていたのでとても設営できる状態じゃなかったので。
大人しく寝るだけなので許してもらおう。
N587-13.jpg


明日は昼から雨予報。
雨中のツーリング計画をどうしようか悩みながら寝る。

走行距離 214km
N587-14.jpg

Comment

非公開コメント